やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » 
「やる気倶楽部」は、やる気について真面目に楽しく考える企業内プロジェクトチームの愛称です。只今「やる気向上テスト(仮)」リリースへ向けて準備中!ブログも盛りだくさんで更新中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長の家臣:村井貞勝 有能だが陰に隠れた男

織田信長の家臣には、有名な戦国武将が居並んでいる。

羽柴秀吉、柴田勝家、明智光秀、丹羽長秀、滝川一益佐々成政前田利家池田恒興などなど、

メジャーな家臣から多少マイナーな家臣まで、数多い。

彼らは、信長が天下布武を掲げて、戦国統一事業において、華やかな活躍をした。



しかし、織田信長から、彼らと同等の評価を得、重視された

村井貞勝を知る戦国ファンは少ないようだ。

村井貞勝は、戦場で槍働きをする武将ではなく、政務を司る吏僚である。

織田政権を支える吏僚の力がいかに大きかったかは、歴史が証明している。


村井貞勝①


村井貞勝は、その筆頭と言える。




信長が、足利義昭を奉じて京の都へ上ったときも、

村井貞勝は、都で足利将軍の周辺や、朝廷対策、

貴族たちへの対応を殆ど引受けて、超激務であったようだ。

その後、信長が足利義昭を追って室町幕府を倒したあとの京の政務は、

この村井貞勝が総責任者として取り仕切っている。

信長は、幕府の無くなった京の都に「京都所司代」という役職を置いた。

今で言う都知事、警視総監、国土交通省、厚生労働省、宮内庁などを兼務したような役職である。




村井貞勝は、織田信長が本能寺で倒れるまで、この職責を全うした。

貞勝自信は、本能寺の変の際、織田信忠とともに二条御所に居た皇太子を

明智方と交渉して逃がすなど最後まで活躍したが、

信忠が討ち死にするに及んで殉ずることになる。

織田政権を陰で支え、織田政権の終わりとともに消えていった有能な家臣といえよう。



ルイス・フロイスは貞勝を「都の総督」と呼び、

「尊敬できる異教徒の老人であり、甚だ権勢あり」と評している。

生き残っていたら、豊臣政権でも大いに活躍したのではないだろうか。


参考までに、あまり記述のない村井貞勝についての貴重な書籍があるので、紹介しておく。


信長の天下所司代 - 筆頭吏僚村井貞勝 (中公新書)信長の天下所司代 - 筆頭吏僚村井貞勝 (中公新書)
(2009/11/26)
谷口 克広

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)
スポンサーサイト

よく寝る人は、前向き

脳科学の研究において、

充分な睡眠をとっている人と、

よく眠れていない人では、

感情の持ちようが違ってくると言う。

よく寝る


よく眠れている人は、喜び、前向き、希望などの気持ちを持ちやすく、

よく眠れて居ない人は、怒りや不安などのマイナスの感情を持ちやすい

という研究結果があるという。



実験では、睡眠中に、レム睡眠(身体が眠っているのに、脳が活動している状態)が

少ないか無かった場合、怒りやイライラ、不安な感情に敏感になったそうだ。

睡眠中にレム睡眠の状態になることで、

脳の睡眠中の活動において幸福や喜び、前向きな感情を誘発するようだ。




充分に睡眠をとり、レム睡眠の状態になれば、前向きになって

嫌なことを忘れるのではないだろうか。

※参考

できる人ほど、よく眠る。―成功する59の眠り方できる人ほど、よく眠る。―成功する59の眠り方
(2004/09)
中谷 彰宏

商品詳細を見る



(担当:熊五郎)

三国志にも出てくる麻酔薬「麻沸散」、華岡青洲が完成させた

現代では、手術をするときは麻酔をかける。

麻酔専門の医者がいて手術前に十分な検査をしてかける。

全身麻酔の場合、あっという間に意識を無くし、

終わったときには、手術中の傷みは全く覚えが無い。

一方、部分麻酔の場合も、意識があって、自分が手術をしているという、

なんとなく変な感覚はあるが、これも傷みなど全く感じない。

麻酔をかけるときの注射が痛いが、それだけである。

最近は、麻酔薬を塗るだけで痛みがなくなるものまである。



ところで、麻酔はいつごろから利用されるようになったのだろう。

アンデスで繁栄したインカ帝国では、頭蓋を開頭して手術した痕跡がのこる頭蓋骨がでてきている。

インカ手術

開頭手術後、数年生きていた証拠として、穴があいた頭蓋骨がすこし塞がった形跡がある。

コカを使った麻酔手術が行われたという伝承があるが、正確な記録は残っていないようだ。


華岡青洲

日本で、江戸時代末期、華岡青洲という医者が、

記録に残っている全身麻酔で初めて乳がん手術を行なったという。

このときの技術は世界で最も進んだものだったという。

全身麻酔薬「通仙散」(別名、麻沸散-まふつさん)を完成させたのである。



ウィリアム・T・G・モートン

これは、1846年にアメリカで行われた、ウィリアム・T・G・モートンによる

ジエチルエーテルを用いた麻酔の手術よりも40年以上前のことであった。

それ以前にも、中国・三国時代の医師・華佗の記録が残っている。

華佗

華佗は、麻沸散を使って手術をしていたという。

三国志演義』では、毒矢を受けた関羽の肘の骨を削って治療したそうだ。

関羽


本当に麻酔が効いていたのだろうか?

(担当:熊五郎)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。