測り知れない人間のやる気を測る方法はあるのか? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 測り知れない人間のやる気を測る方法はあるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

測り知れない人間のやる気を測る方法はあるのか?

やる気倶楽部ということで、やる気を心理学や達成動機研究、医学的見地、科学的見地から調べることが習慣になってきた。



学問と言うのは、一定サンプリングを行い、実験などを繰返し、学術的な標準を導き出すのがその大多数である。
特に心理学というのは多種多様な人間の心理を研究する学問で、多くの人たちはこういう傾向にあるというのが限界で、すべてがこうだと言い切れるものではない。
物理学や数学のようにひとつの答えに到達し得ない学問であるところに、難解さや面白さがある。



特にこれからの日本を背負う子供たちのやる気という部分をテーマに研究し、何らかの方法で“子供のやる気アップ”をはかる普遍的な方法がないかと暗中模索中である。



このブログでも発表している、「やる気向上テスト(仮)」の開発もその一環である。


200961~1


子供のやる気を考えるにあたり、

心理学の難しい本を読むこと
インターネットからの情報
教育関係の雑誌

など、いろいろ情報源は巷に存在するがどれが正しいのか判断しかねる。

どれも正しいと言える
どれも何か違和感を感じる
どれも眉唾に感じる

など極めて難しい。
たぶん正解というものはないのかもしれないと思うようになった。



もともと人間の心は、個人個人によってまちまちであり測り知れないものだ。
しかしテストというからには、やる気に関する測り知れない何かを測らなければ話が進まない。


「やる気向上テスト(仮)」というもの作りたいとぶち上げたものの、その何かを特定しなければならない。


そこからのスタートだ


「やる気を向上させる」ためには、まずやる気を何らかの方法で測定しその測定結果を用いてやる気を上げる方法を確立することだろう。


いろいろ調べているとJTBモチベーションズという、旅行社のJTBに関係する会社がなんと、『やる気を科学』するというタイトルでやる気を測る方法を開発している。



これはビジネスに関するやる気研究から、意欲を引き出す「MSQ法」という理論でワークモチベーションのメカニズムを解明しようとしたものである。



やる気を科学する―意欲を引き出す「MSQ法」の理論と実践 (KAWADE夢新書)やる気を科学する―意欲を引き出す「MSQ法」の理論と実践 (KAWADE夢新書)
(1998/01)
JTBモチベーションズ研究開発チーム

商品詳細を見る




興味をそそる内容で参考になる。

未来を背負う子供たちの学習意欲を引き出す方法を科学的に解明することができれば、大きな社会貢献になるはずだ。

いい知恵を持っているひとがいれば意見を数多く聞いてみたいものである。
(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/103-eaac46fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。