正確な情報を持たず猪突猛進? 松永久秀の失敗 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 正確な情報を持たず猪突猛進? 松永久秀の失敗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正確な情報を持たず猪突猛進? 松永久秀の失敗

松永弾正久秀、室町時代の名家・細川家の被官三好長慶の祐筆(秘書のようなもの)として仕えていたが、三好家家中で力をつけ、長慶の死後は三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)と共に第13代将軍・足利義輝を殺害し畿内を支配した。


松永久秀
※松永弾正久秀像

北条早雲斎藤道三・松永久秀は戦国三大梟雄(きょうゆう)と呼ばれ、戦国時代における下克上の典型である。



第13代将軍・足利義輝暗殺のほか東大寺大仏殿焼失の首謀者などとも言われている。
領国は大和で、信貴山に城郭をかまえていた。
信貴山城近郊の人々からは連歌や茶道に長けた教養人であり領国に善政を敷いた名君と評価されている。

信貴山城
※難攻不落といわれた信貴山城図




織田信長が義輝の弟・足利義昭を奉じて上洛してくると、いちはやく信長に降伏して家臣となり、信長の朝倉討伐に従軍し、信長が妹婿の浅井長政の謀反で撤退を余儀なくされた際には、近江朽木谷領主・朽木元綱を説得し味方にして信長の窮地を救っている。

その後、石山本願寺攻めの膠着や、足利義昭と周辺大名の連携による信長包囲網が強まるなかで信長を裏切るが、武田信玄の死や室町幕府の滅亡など形勢が信長に有利に傾いてくると、降伏し許されている。

しかし再び裏切って信貴山に篭ってしまう。

裏切ったものに対する処遇が人一倍厳しい信長にしては珍しく信貴山に使者を送り謀反の理由を問いただしたり、所有していた名器・平蜘蛛茶釜を差し出せば助命すると命ずるなど意外な対応をしている。
一旦許したのも久秀の能力を高く評価し、使い道があると判断したのだろう。

しかし、これら全てを拒絶すると天守閣で爆死した。
文献上では日本初となる爆死という方法で自害したのである。





この久秀の生涯をみるにつけどこからこれだけのエネルギーが発揮されたのか不思議でならない。
平穏な生活を送ることのできにくい時代であったとはいえ寄らば大樹の陰という選択をして生き延びた武将も数多くいるなかで主の隙を突きながら階段を駆け上がったり駆け降りたりの一生。

裏切りや暗殺、破壊など数々の所業。
信長の行く末がはっきりしなかったり事や世の中の情報が早く正確に入らないという状況猪突猛進させたのか?



人間というものは正確な情報が入らないと全く動けなくなったり、逆に久秀のような無謀な行動に移ってしまうものなのかも知れない。

猪突猛進=やる気一杯とは言うのは間違っていると思うが、一見やる気があるように見えるのは確かである。

逆に、情報過多によりどうしてよいか判らなくなって動けずやる気が無いと見られてしまう現代人が多いのではないだろうか?


好きなように生きたことで久秀は悔いを残さなかったと推測する。

最後に、松永久秀に関する書籍を紹介しておく
一度読んでみてはいかが。

松永弾正久秀―梟雄と称された知謀の将 (PHP文庫)松永弾正久秀―梟雄と称された知謀の将 (PHP文庫)
(2001/04)
黒部 亨

商品詳細を見る


松永弾正久秀松永弾正久秀
(1996/05)
黒部 亨

商品詳細を見る

(担当:熊五郎)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/109-b4a30cbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。