戦国一 ウザイ無名の智将 長野業正 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 戦国一 ウザイ無名の智将 長野業正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国一 ウザイ無名の智将 長野業正

上州箕輪城主長野業正(政)【ながのなりまさ】を知る人は少ないのではないだろうか。

長野 業正


箕輪城は群馬県・富岡製紙場の北方にある堅城である。

業正は在原業平の子孫と言われる

長野氏は上野の国(西部地域)の豪族であり関東管領・山内上杉家に属していた。

周囲の小豪族・国人・地侍を取りまとめる中心的な存在。

その集団は箕輪衆と呼ばれていた。




業正は主の関東管領・山内上杉憲政への忠義で知られている。

憲政が北条氏康に破れ(川越夜戦)武田信玄にも敗れて(笛吹き峠の戦い)勢力を弱め

ついに北条氏康に敗れて上野を追われた後も、

上杉家に義理を立て北条氏には従わず上野国の支配を守り続けている。




特に甲斐の武田信玄が西上野侵攻を開始すると、

業正は上野国人衆を糾合して2万余の大軍を組織し迎え撃った。

緒戦で武田軍を圧倒したが、

国人諸将の足並みが揃わず敗北を喫する。

このとき業正は殿(しんがり)を務めて

武田軍の追撃を打ち払い退却戦を見事に乗り切る。

そして居城・箕輪城に籠城し守りを固めて

越後国の長尾景虎(上杉謙信)の後詰を請い、

遂に武田方の侵攻を挫いた。

その後も度重なる武田の侵攻に対して防衛戦を指揮した。

野戦ではさすがに勝てなかったものの、

夜襲や朝駆けの奇襲戦法を駆使し

武田方の6度にわたる侵攻を全て撃退した。




憲政が越後に亡命し関東管領職を長尾影虎に譲り、

この影虎が上杉謙信となったことは有名である。

業正はその縁で上杉氏とは長く同盟関係にあった。

しかし武田と上杉の対立のため、

なかなか上杉の支援も受けられず

武田と北条という大国の侵攻を受け続け

長い間苦しみながらも撃退し続けるという生残り戦を戦い続けた。




土地や支配下の国人衆を守る為とはいえ、

強大な武田や北条からの再三の攻撃に対する防御戦の気力たるや感心する。

唯一の支援者・上杉謙信も上野国への援助がままならなくなって

ますます孤軍奮闘の業正であったが、ついに箕輪城で病死する。



信玄に

業正ひとりが上野にいる限り上野を攻め取ることはできぬ

と嘆かせるほどてこずらせている。

武田にとっても北条にとっても、ウザイ存在だったにちがいない。

※ウザイとは、「うざったい」の略語。
 鬱陶しい・わずらわしい・うるさい・面倒臭い・気持ち悪い・邪魔といった意味
 業正は鬱陶しいと邪魔をあわせたような存在だったと思われる。




業正の死を知ると信玄は喜び

これで上野を手に入れたも同然

と言ってすぐ上野国に向け兵を送った。

業正の三男の業盛があとを継いで防衛戦を続ける。

しかし、ついに信玄によって箕輪城は陥落する。


21045.jpg

※今、箕輪城跡は整備され公園になっていた。




その後、箕輪城は武田の重臣・内藤昌豊が守り、

武田滅亡後は織田の重臣・滝川一益が城を預かった。




強い者に寄り添って生きることが通例の戦国の世の中で

珍しく衰退した主に義理立てし苦労の末に滅亡した業正であったが、

群馬県榛名地方では未だにヒーローとのこと。

負けて滅亡したが、強きをくじき弱きを助け続けて名を残すのもまた人生。

好きな戦国武将のひとりである。




一般には殆ど資料や文献は出回っていないようだが、

著者:野口泰彦の小説『長野業正』(人物文庫:学陽書房)は泣けてくる。

つい最近大河ドラマで有名になった『天地人』の作者・火坂雅志著『業政駈ける』が発行された。

数少ない業正を紹介する小説である。

上記2冊、是非一度お読みいただくことをお勧めする。

長野業政 (人物文庫)長野業政 (人物文庫)
(2009/01/24)
野口 泰彦

商品詳細を見る


業政駈ける業政駈ける
(2010/09/22)
火坂 雅志

商品詳細を見る

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/112-70ece4a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。