2000万円辞退に思う、文学賞と賞金の意義 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 2000万円辞退に思う、文学賞と賞金の意義

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000万円辞退に思う、文学賞と賞金の意義

水嶋ヒロさん、小説大賞賞金2000万円を辞退(読売新聞)

水嶋ヒロ…いや、齋藤智裕(ともひろ)さんが文学賞を受賞したニュース。
色々と驚きましたが、それ以上に驚いたのが賞金を辞退したということ。

賞金を受け取るのは作家さんとして至極真っ当な権利です。
特に新人賞においては、賞金はモチベーションの一部分になりうると思います。
しかし、このような事があると後に続く作家さんが受け取りにくくなるのでは?
…などといらぬ心配をしてしまう私は小市民でしょうか。

「さらに多くの作品が生まれるために賞金を使ってほしい」
その想いをかなえるため、ご自分で賞金を上手く原資にして活動されては?と思ったりも。
例えば、「水嶋ヒロ文学賞」を創設してもいいわけで…。





まぁ、落ち着いて考えれば印税を辞退したわけではないですし、俳優時代の収入も考えると、当座の2000万は必要なかったのかも知れませんが…
ポプラ社HP画像
(ポプラ社「ポプラ社小説大賞ページ」より画像抜粋)
…ポプラ社のウェブページにも書かれているように、作家が作家としての活動を維持・発展していくのに必要な収入として、ぜひ受け取っていただきたいものだと思ってしまいました。




追記:ポプラ社小説大賞は今回で一区切り、今後はポプラ社小説新人賞を創設(賞金200万円)との事。
これは、その想いを形にしたものと捉えてよいのか…
ちょっと展開が早過ぎて、その辺もいまいちしっくりこない点だったりします。

(担当:K.M)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/113-31a22c11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。