北条綱成の部下モチベーションアップ法 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 北条綱成の部下モチベーションアップ法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北条綱成の部下モチベーションアップ法

北条氏といえば、鎌倉時代の執権家と北条早雲を始祖とする後北条氏を指す。
北条綱成
今回紹介する北条綱成(つなしげ)は後北条の武将である。

早雲→氏綱→氏康のいわゆる北条三代の2代氏綱3代氏康に仕えた北条氏きっての豪傑である。

綱成の一族(福島氏と言われている)は、もともと駿河の今川家に仕えていたが

武田氏と争いその重臣・原虎胤に破れ小田原へ落ち延び北条氏綱に保護された。

綱成はその氏綱の近習として仕えた。

氏綱は綱成を大いに気に入り娘婿として北条一門に加え北条姓を与えた。

いかに評価されていたかを示すものである。




戦において北条氏は北条五色備えという軍制を敷いており

綱成はその「黄備え」を担当し黄地八幡の闘将と称えられた。
地黄八幡

氏綱が亡くなり氏康が家督をついだあともその信頼は変らず、

弟の福島勝広とともに北条軍の中枢であった。

綱成は関東制覇に向けて転戦し活躍を続ける。

その中でも注目されるのが河越夜戦である。

その戦いは日本3大奇襲のひとつにあげられる。

・厳島の合戦 :毛利元就が陶晴賢を破った戦
・桶狭間の戦い:織田信長が今川義元を破った戦


河越夜戦は、古河公方足利晴氏・関東管領上杉憲政・上杉朝定らが

関東一円の武士約8万の大群を集め

綱成が3000の寡兵で守る北条氏の武蔵国の拠点・河越城を攻めたものである。

氏康が救援に向かう中、孤立無援の綱成に救援奇襲の計画を単騎知らせたのが弟の福島勝広である。

氏康は偽りの和議申し入れなど、足利・上杉連合軍の油断を引き出し

引き返すと見せて上杉軍に突入し大混乱を引き起こさせた。

それを見た綱成は、「勝った!勝った!」と大声を上げさせ足利軍に突入。

「勝った!勝った!」の号令は味方の士気を大いに上げ敵方の士気を落とすのに大いに役立った。

足利軍も上杉軍も総崩れとなり、関東における足利・上杉の勢力が一気に地に落ちた戦であった。

綱成はその後も戦のおりには「勝った!勝った!」の号令のもとに負け知らず。

北条氏の関東制覇に大いに貢献した。

まだ勝ってもないのに「勝った!勝った!」の号令が自軍のなかに響き渡ることで

兵士の士気(やる気)は大いに鼓舞されたという。


これこそ綱成流のモチベーションアップ法であった。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/116-a81118af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。