丹羽長秀、織田家臣団一の勝ち組? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 丹羽長秀、織田家臣団一の勝ち組?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹羽長秀、織田家臣団一の勝ち組?

丹羽長秀(にわながひで)

五郎左(ごろうざ)と呼ばれ織田信長の忠実な家臣として信長政権下を生き

秀吉に権力が移行するまでの混乱期をうまく秀吉に協力し生きながらえた。
丹羽長秀像

信長の家臣としては柴田勝家に次ぐ地位にあった。

特に信長の尾張統一以降は目立った軍功はないが、

安土城の築城や信長上洛後の京都奉行衆を大過なく務めている。
安土城




武将ではあるがどちらかというと優秀な政務官であったようだ。

信長政権を書きしるした『信長公記』でもあまりエピソードが無い。

しかし補佐役として信長の天下統一間近まで

滋賀県彦根付近の佐和山城で交通の要衝(京都~岐阜の間)を守り続け失敗も無かった。

温厚な正確であの信長の信頼を得て愛されていた信義の武将である。

これらの経歴を見ると長秀はやはり軍事面より行政能力・築城能力が高い。

確実に仕事をこなすタイプだったようだ。





戦では手伝い戦のようなものが多く羽柴秀吉の播磨攻めや滝川一益の長島攻め、

明智光秀の丹波攻めの支援をしている。

何処へ行ってもそこそこの働きをしているにもかかわらずあまり目立っていない。





信長が本能寺で暗殺されたとき大阪の堺近くにいた。

四国の長宗我部征伐のために兵を集めており

最も明智光秀に弔い合戦を挑める立地に居ながら動いていない。

補佐役としては優秀だが自らが先頭に立って難局を切り開いていくタイプではなかったようだ。





その後秀吉が山崎の合戦で明智を討って勢いを増し信長の後継争いが拡大していく。

織田家の後継を決める清洲会議では長秀が秀吉側についたことで秀吉が決定的に有利になった。

しかし長秀自らがキーマンであったにもかかわらず

その認識が無かったのではないかと思われるその後の行動。

思い切ったカード(切り札)を切ることのできる立場に居ながらカードを切っていない。





長秀は豊臣政権下では目立った活躍をしていない。

若狭・越前など123万石といわれる大封を得ながら政権の中枢には進んでいない。

そのまま胃がんで亡くなってしまう。





歴史に「もし」という言葉はないが、

清洲会議での貢献や織田家での地位などを考えると

秀吉政権下において徳川家康や前田利家を凌ぐ地位に居続けてもおかしくない人物だった。

もし温厚で誠実・有能な行政官・長秀が豊臣政権を支えていたら

家康の出番は無かったかもしれない。

結局その温厚さが災いしたのか

トップを狙える立場にいながら目立たない存在で通してしまった。





この時代に秀吉という俊傑が存在したことにより

長秀と同じような地位・立場にいた織田家の武将

柴田勝家・滝川一益・明智光秀・佐久間信盛などが次々と滅んでいくなか

細々とではあるが生き残っている。





関が原では後継者長重が西軍について危うくなる。

しかしここでも何とか陰に隠れながら生き延びる。

越前・若狭から改易されたが江戸時代を通じて白川藩10万石を拝領している。

その後陸奥国二本松藩10万石に転封となるが明治維新まで存続した。

版籍奉還後は丹羽長裕という人が知事にまでなっている。

また分家は明治時代に華族となっている。





丹羽長秀は秀吉という俊傑にはとうてい敵わないと早くから自覚したのだろう。

無理をせず時流に乗って生き延びることに徹したからこそ、

家系断絶を避けることができた。





武将としては案外だらしなかったという評価ではあるが

生存競争をゴキブリのように生き残ったという意味では

ひょっとしたら織田家の家臣団の中では一番の勝ち組と言えるのかもしれない。

自分の力を客観的に見つめたうえで

時期時期における最適の選択が如何に重要か

という結果がここにある。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/120-788aae4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。