大学生は増え続ける、価値は下がり続ける - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 大学生は増え続ける、価値は下がり続ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生は増え続ける、価値は下がり続ける

こんばんは、やる気倶楽部です。

今日は先ほど出たニュースをひとつご紹介します。

志願者は55万9000人=センター入試

大学入試センターは30日、来年1月15、16日に行われるセンター試験の志願者数(確定値)が3年連続で増え、前年度より5615人多い55万8983人になったと発表した。
センター試験を入試に使う大学・短大は過去最多の829校。
募集人員総数に対する志願倍率は約3.0倍で、4年連続で過去最低レベルとなった。
志願者のうち高校3年生の割合は79.1%。高3生に占める志願者の割合は、センター試験が始まった1990年度入試以降増え続けており、41.5%になった。(2010/11/30-18:12 時事ドットコム)

この少子化の世の中にあって、センター試験を受ける人はまだ増えています。

このままの流れで、大学全入時代へ突入するんでしょうか。

先日、就職内定率の話を記事にしましたが(⇒大卒内定率過去最低…統計のトリックと実態

これだけ大学生が増えれば(つまり、就職するタイミングが皆で重なる)

就職がサバイバルになるのも無理ないような気がします。

大学に入って何をすべきか。

これがないのなら、大学に行っても一緒かも知れません。

大学は、必要ならばいつでも入学できるわけですから。




受験生のみなさんには、自分のしたいことに対してモチベーションを高く持ってほしいものです。

大学合格は、ひとつの区切りではありますが、ゴールではありません。

言い古された文句ですが、今一度、肝に命じてラストスパート頑張って下さい。

(担当:K.M)


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/143-9f5bda98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。