東京の隠れた受験スポット上野大仏のご利益 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 東京の隠れた受験スポット上野大仏のご利益

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の隠れた受験スポット上野大仏のご利益

奈良華厳宗大本山東大寺の大仏(盧舎那仏)や鎌倉浄土宗高徳院の大仏(阿弥陀如来)は
奈良&鎌倉大仏
有名で観光名所となっていて観光客が絶えない。

東京の上野恩賜公園にも大仏がある。

あまり知られていないらしい。

顔の大きさだけ比較すると奈良や鎌倉の大仏と比べても遜色はない。

しかし上野大仏は顔しかない。




全身の大仏像として江戸時代に建造されたもので、

寛永8年(1631年)越後村上藩主・堀直寄が漆喰の釈迦如来坐像を建立した。

正保4年(1647年)地震により倒壊。

再建されるも天保12年(1841年)火災により大仏・仏殿が損傷。

天保14年(1843年)大仏を再建し仏殿を修復。

安政2年(1855年)安政大地震により頭部が破損。

明治8年(1875年)上野恩賜公園の整備にともない

仏殿が撤去され露座(屋根の無い露天に置かれている)となった。
上野大仏③
大正12年(1923年)関東大震災により頭部が落下。

大破した頭部と解体撤去しされた胴部以下は寛永寺が保管した。

しかし資金の目処が立たず再建計画は中止。

昭和15年(1940年)軍需金属資源として顔面部をのぞく頭部・胴部以下が供出され消滅した。

その後、昭和47年(1972年)、寛永寺に保管されていた顔面部を
上野大仏②
レリーフとして旧跡に安置されて現在にいたっている。




何度も地震や火災などの災難に遭い解体され、

戦時中胴体は軍需金属資源として供出され消滅する災難。

しかし、これだけ幾度もの災難を受けたにも関わらず顔だけ残り、

現在上野公園内に鎮座している渋とさ。

すでに顔の部分しか残っていない。

これ以上落ちることはないということから、

「落ちない合格大仏」と言われるようになった。

受験生の間で隠れた合格祈願スポットとされている。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/148-a08c555b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。