暑さとやる気の関係性 その2(実験レポート) - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » 調査・研究 » 暑さとやる気の関係性 その2(実験レポート)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さとやる気の関係性 その2(実験レポート)

(昨日の続き)
連日の暑さにグッタリのやる気2号(通称クマさん)。
あまりのぐうたら加減を見かねたやる気1号、暑さ対策グッズをプレゼント
チリーバンダナ
『チリーバンダナ』
気化熱発散作用でクール!水で濡らして絞るだけ♪
内部は湿度を保ち、表面は乾いていますので、汗や水分をしっかり吸収…
(宣伝みたいになってしまった)というこのバンダナ(タオルとしても使えます)

これで、実際に涼しくなれば作業効率も上がってバリバリ仕事こなせますね!
という訳で、実際に涼しいのかどうか実験してみます。

【実験の概要】
(step1) 外で10分間日光を浴びる
(step2) 部屋に入り、簡単な計算問題(20問/1分、2桁+2桁の足し算)を解く
(step3) チリーバンダナを頭に巻き、10分間隔で簡単な計算問題を解く
※入室直後~30分後の頭皮の温度差を測り、問題の回答数を目安に、実際に作業効率が上がったかを簡易測定します。

まずは、出勤直後のような暑い状態を作り出すため、外で汗をかいていただくことに。
外気温(花壇)
…午後2時、一番暑い時間帯を狙って出撃。
花壇の上で33~34℃をさしてます。暑!
ここで、10分間、じっとしてもらいます。
ハイ、我慢ガマンですよ!
噴き出す汗
5分と経たずに噴き出す汗…これは凄い。ちょっと直視でき…(苦笑)


(10分後)
急いで事務所に戻り、頭皮の温度を測ります。ハイ、ペッタ~~っと♪
クマ頭皮温度
室温27℃の中、みるみる急上昇の温度計。
頭皮温度は外気温と同じ34℃まで上昇!!
早速テスト開始です。
噴き出る汗を何度もぬぐいながら、1分間の足し算を終了…
結果は12点!(20点満点)

問題は、この後バンダナの効果があるかどうか。
では、ヒンヤリ冷たいバンダナを巻いて下さい。気持ちいいですよ~
バンダナ装着
クマ「オ~ホホ~~♪これは冷たいですな!」
果たして、実際に作業効率(問題の回答数)があがるのか否か。
10分後…20分後…30分後。
頭皮の温度を測りながら、それぞれ同じ問題数のテストを1分間してもらい…
テスト回答 

結果は以下の通りとなりました。(室温27℃・テスト20点満点)
時間入室スグ10分後20分後30分後
頭皮温度34℃32℃31.5℃30.5℃
点数(20点満点)12点11点※16点18点
(※12問回答で1問不正解)

クマさん、1問間違えてるし…
クマ「いや、汗が目に入って、問題がよく見えな◎×%#~★…」
ちょっと何言ってるか分からないんですが(苦笑)

この実験結果を見る限りでは、確かに後半は点数が伸びていますが、果たしてバンダナの効果と言えるかどうか。
自然に涼しくなっていく状態とあまり変わらない気もします。
ただクマさん曰く「最初ヒンヤリ、それから10分くらいは蒸すような感じでしたが、だんだん冷えてきて、30分経ったときには、頭がイタイくらい冷えました!」とのこと。
しかし、よく考えてみると頭皮を冷やすということで、脳への血流が抑えられえていた可能性もあり、その場合作業効率には悪影響な気もします。
一定の清涼感を得るには、確かに効果がありそうですが、今回の実験では目に見えて作業効率があがっているとは立証できませんでした…。暑さとやる気の関係性を語る以前の問題ですね。

クマ「いや~それにしても、これ冷たくて気持ちイイですな~。これ首に巻いて頑張りますわ!」

あらら、実験はともかく、クマさんには気に入ってもらえたようで何より。
頑張る、ってことは多少やる気が出たってことでいいんでしょうか?!
(実験・レポートのシリーズはまだまだ続きます)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/16-26b2fe6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。