何もしないを、してるんだよ…と自信をもって言えますか? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 何もしないを、してるんだよ…と自信をもって言えますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何もしないを、してるんだよ…と自信をもって言えますか?

本日は熊本へ弾丸出張(日帰り)でした。

さすがにちょっと疲れてます(苦笑)

熊本駅は新幹線開通を控えて最終の追い込み工事が進んでました。

来年は新幹線開業も手伝って九州イヤーになる予感がします。

何をしに出張へ行ったか…はまた後日お話できると思います。

素晴らしいお話を聞けましたよ。





今日はちょっと健康のお話。

実は、このやる気倶楽部のブログを担当している熊五郎さんがギックリ腰でダウン。

熊五郎さんは、社内でも「病気のデパート」「病気の総合商社」と有名な方で…

またひとつ、新たな勲章が加わりました。

(記憶が確かなら、今年2回目のギックリ腰なはず)

冗談はさておき、病気やけがでダウンしてしまうと、普通はやる気も何もないわけです。

継続していた事もストップ。

病気やけがが治って学校や会社に戻ったころには、プチ浦島太郎状態。

3歩進んですっころんで10歩下がったような気分です。






ところがそんな時でも、まさにケガの功名とばかりに、せっせと何かを始める人がいます。

風邪や入院をキッカケに禁煙した人。

動けない時間を利用して、読みたかった本をすべて読破した人。

中にはけがで入院したときに、病院食が不味い事を逆手にとってダイエットを始めた人がいました。

なんとポジティブ(苦笑)

結局彼は栄養面の問題があるからと看護師さんに怒られてましたが…

似たような話ですが、獄中記なんかの本では必ず「体調が良くなった」と書かれていたのを思い出します。

栄養管理が徹底されていて、規則正しい生活。

味覚が研ぎ澄まされて、週1回の甘味(ゼリーやお菓子が与えられるそうですね)が泣けるほど美味しいとか。







物は考えようで、今自分が置かれた状況をいかにとらえ、そこでできる事を見つけるか。

自分が何をしたいのかがハッキリわかっている人は、その辺が上手な気がします。

別に何かをするのが良い、と言っているわけではありません。

クマのプーさんの名言(迷言?)ではありませんが…

「何もしない、をしてるんだよ」

も時と場合によっては、アリなんじゃないでしょうか。

普段休めていない人は、こういう機会を利用して思いっきり休み、しっかり体調を整えたり。

問題は、それをちゃんと「意思をもってそうしている」と言い切れるか。

今は動けないからしょうがない、では浦島太郎になってしまうんだと思うんです。

ぜひ熊五郎さんには、この際、年末年始にむけて一杯ブログのネタを仕込んでほしいものです。

熊五郎さん、お大事に。

会社の事は気になさらず。大丈夫ですからね~

(担当:K.M)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/165-ea05052b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。