人助けが身を助ける 信義の猛将:立花宗茂 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 人助けが身を助ける 信義の猛将:立花宗茂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人助けが身を助ける 信義の猛将:立花宗茂

立花宗茂は安土桃山時代の武将で江戸時代の大名で初代柳川藩主である。
立花宗茂
北九州の大名・大友家の家臣であった高橋紹運が宗茂の実父である。

そして同じ大友家の家臣・立花家へ養子に行く。

猛将・立花道雪が養父である。豊臣秀吉に「その忠義、鎮西一。その剛勇、また鎮西一」

「九州の逸物」と評価され「東に本多忠勝、西に立花宗茂あり」と絶賛される猛将である。




秀吉の天下統一前夜、北九州の大友氏は薩摩の島津氏の侵攻に苦しんでいた。

養父と実父の道雪・紹運の両将が筑後奪回戦に出陣した.

実父・紹運は島津の侵攻を支えきれず玉砕した。

その中で立花宗茂は徹底抗戦を行い、更に島津本陣への奇襲を成功させるなど

追撃のうえ高鳥居城を攻略、岩屋・宝満の2城を奪還する武功を挙げている。




秀吉の朝鮮出兵においても、明軍が朝鮮を救援に駆けつけ日本軍が苦戦に陥ったとき

立花宗茂と弟高橋直次が先陣と成り奇襲戦で明軍を食い止めた。

そのほか朝鮮において明・朝鮮軍4万を率いて晋州城へ進軍してきたときも
朝鮮出兵①

兵4千で星州へ行って撃退。

その後劣勢にたった日本軍の窮地を救っており、

加藤清正小西行長などは救われた武将である。




宗茂は、ただの猛将ではなく、義理堅い武将でもあった。

関ヶ原の戦い直前に徳川家康から法外な恩賞で東軍に味方するよう誘われた。

しかし「秀吉公の恩義を忘れて東軍側に付くのなら、命を絶った方が良い」

と言って拒否し西軍に参加した。

結果、破れ自領へ引き上げることになる。




その際実父・高橋紹運の仇である島津義弘と同行する事になった。

島津義弘は関ヶ原で破れ数十人の手勢しかいなかった。

家臣たちは「今こそ父君の仇を討つ好機なり」と宗茂に進言したが、

宗茂は「敗軍を討つは武家の誉れにあらず」と言って家臣の意見を退け、

逆に島津軍の護衛をして無事に自領柳川まで帰りついた。




柳川ではと、加藤清正・鍋島直茂黒田孝高(如水)ら周辺の東軍大名が

攻める形勢となっており立花勢の城は次々にを落とされていった。

ついに柳川城が囲まれたが、鍋島直茂・黒田如水・加藤清正が説得に動き宗茂は降伏開城した。

朝鮮での借りがある加藤清正は初めから戦う意思が無かったようだ。




浪人となり京都で家臣ともども乞食同然に身をやつし、その日の食べ物にも難儀したという。

それを聞いた徳川家康は宗茂の器量を惜しみ陸奥棚倉に1万石を与え

大名として復帰させ最終的に3万5000石を与えた。

元和6年(1620年)、幕府から旧領の筑後柳川に10万9200石を与えられ

大名として完全に復帰を果たす。

関ヶ原で改易された西軍大名では旧領に復帰した唯一の武将である。




裏切りや自分の損得だけで動く武将が多い中、

筋を通し続けた宗茂は敵方からも尊敬され惜しまれた。

その結果が旧領への復帰と言う奇跡を生んだ。

時代は変ってもこういう人物が尊敬されるのは変わらない。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/168-f78d2636

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。