タイミングのよい行動、有利な味方の選択 赤松則村(円心)の思い切り - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » タイミングのよい行動、有利な味方の選択 赤松則村(円心)の思い切り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミングのよい行動、有利な味方の選択 赤松則村(円心)の思い切り

建武の新政前夜、鎌倉幕府打倒の兵を挙げて勇名を馳せたのは、

後醍醐天皇の皇子護良親王の令旨を受けて挙兵した河内・和泉の楠木正成が最も有名である。
後醍醐天皇と護良親王
※後醍醐天皇と護良親王

正成は千早・赤坂を中心に幕府軍に抵抗し徐々に勢力を拡大していった。

鎌倉幕府倒幕において六波羅を落したのは幕府軍を寝返った足利尊氏であり、

鎌倉を落したのは同じく幕府方であった新田義貞である。
足利尊氏と新田義貞
※足利尊氏と新田義貞


しかし護良親王の令旨を受けて地方豪族(当時は悪党と呼ばれていた)で

大多数の幕府軍に立ち向かい京を目指し進軍したのは、

播磨の悪党・赤松則村(円心)とその3男・赤松則祐(のりすけ)であった。
赤松 円心&則祐
※赤松則村(円心)と則祐

彼らは播磨を中心に兵力を拡大しながら京・六波羅に迫る勢いであった。

則村(円心)は戦の中で何度か破れはしたものの、

足利尊氏の寝返りを誘発させ六波羅は陥落した。



赤松則村(円心)は建武の新政下では播磨守護職を没収されるなど不遇であり、

護良親王が失脚すると怒って播磨へ帰ってしまう。

建武の新政を離反した足利尊氏が一時敗れて九州へ逃れる際には

追撃する新田軍を足留めし尊氏を救っている。

尊氏が九州で勢力を回復すると、尊氏について室町幕府成立に貢献した。



その後、京の邸宅で急死するが、

3男・赤松則祐は2代将軍足利義詮や管領の細川頼之を補佐し幕府の要職につく。

備前・播磨・美作の守護職につくなど室町幕府初期の有力守護大名となる。

赤松氏は、その後赤松満祐が6代足利義教を暗殺してから衰退してゆく。




赤松則村(円心)は、一地方豪族の反乱では

とうてい六波羅や鎌倉に勝ち目が無いと思われた時代に、

思い切った賭けに出ている。

世の中の不平・不満の盛り上がりを敏感に察知し、

後醍醐天皇や皇子護良親王という権威に従うことの有利さを理解したうえでの、

タイミングのよい挙兵。

そして足利尊氏という頭領への随身など

世の中の情勢を的確に分析し最も有利な選択を行なっている。

楠木正成とは、同じ悪党でありながら大きな差異だ。

また、戦略においても正成が面で抵したのに対し、

少数精鋭で一点突破、京を目指すという槍のような攻撃が

時代を突き破る契機となったと思う。



正成は名をとり実を失ったが、則村(円心)は時間はかかったが実をとり

赤松氏の将来への明るい道筋を作った。

何に味方にし、いつ行動するかが如何に重要かを教えてくれる

建武の新政第一の功労者とも言える武将の一人だ。

※参考までに、赤松円心を主人公とした「悪党の裔」(北方謙三)の小説が面白かったので
 紹介しておこう。
悪党の裔〈上〉 (中公文庫)悪党の裔〈上〉 (中公文庫)
(1995/12)
北方 謙三

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/204-59ab0ff0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。