節分で季節はかわっても受験シーズンはまだまだ続く - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 節分で季節はかわっても受験シーズンはまだまだ続く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分で季節はかわっても受験シーズンはまだまだ続く

そもそも節分(せつぶんorせちぶん)は

季節(春夏秋冬)の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を言う。

「季節を分ける」という意味もある。

特に江戸時代以降は立春の前日を指す場合が多く最近は2月3日である。



何か2月3日が節分というイメージが強いが実は年によって日にちが異なる。

現在、節分の日付は毎年2月3日だが1985年から2024年頃までである。

1984年以前の閏年(うるうどし)、節分は2月4日だった。

そして2025年から閏年の翌年の節分は2月2日になる。



ところで節分には色々な行事がある。

豆まき、節分お化け恵方巻まるかぶりなど。

豆まきは邪気を払う儀式。

地方によっては、鬼の嫌がる柊(ヒイラギ)や

イワシの頭を付けて玄関先につけるところもある。
節分①


お化けは、幽霊をイメージするオバケではなく異装のことである。

普段と違った装束をまとうことで鬼をやり過ごすという意味があるらしい。

恵方巻は、節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、

願い事を思い浮かべながら太巻き寿司を丸かじり(丸かぶり)する習わしである。

どうも海苔業界の販促活動が広まったようだ。
節分②


今年も各地で色々な節分祭・節分会が行なわれる。

2月3日ではまだ受験シーズンを分けるという時期ではないが、

受験生諸君もこういった日本の伝統的な祭礼や行事に参加してみる余裕をもってほしい。

何かいいことがあると信じて。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/206-19fe2909

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。