大阪天満宮「てんま天神梅まつり」&すべらんうどんレポート(週刊やる気ニュース) - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » 週刊やる気ニュース » 大阪天満宮「てんま天神梅まつり」&すべらんうどんレポート(週刊やる気ニュース)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪天満宮「てんま天神梅まつり」&すべらんうどんレポート(週刊やる気ニュース)

こんにちは、やる気倶楽部です。

普段週末は週刊やる気ニュースをお届けしていますが…

この週末、大阪で知人に会う約束があり、その帰りに大阪天満宮へ行って来ました!

そう、アレを確かめるために…フフフ。

(実は天満・天神界隈、K.Mにとって青春時代思い出の地なのです)

そんな訳で、本日はレポートをご紹介します。

天神橋2

この界隈、最近は「天満・天神繁盛亭」でも有名ですが…

やっぱり天満宮は天神祭を中心として、大阪文化に広く影響を与えた存在。

別格なのでございます。

大阪天満宮外観2

行ってみると…そうでした、この時期といえば「てんま天神梅まつり」でございます。

梅まつり外観

ご存知のとおり、梅は菅原道真公とは切っても切れないもの。

菅原道真公は5才の時、庭に咲く紅梅を見て

『美しや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある』

と歌い、その類まれなる学問の資質を覗かせたことが有名で、

また、その美しさに惚れ、生涯梅をこよなく愛したと言われています。

そういった経緯から、全国の天満宮には梅をモチーフにした梅紋が採用されています。

(上の写真にも、よく見るとそこかしこに梅紋があるんです、探してみてね)






そんなわけで、この時期は梅まつり。

「大盆梅展」が開催中なので、早速中へ入ってみます。

梅1

まず中に入って驚くのは、何とも上品な梅の香りで満ち溢れていること。

胸一杯に、この柔らかな香りを吸い込みます。こんなオッサンでも心落ち着く。はぁ~~(惚)

梅7

見事なまでに手入れされた盆梅が並んでいます。

梅8

個人的には白梅が好きなんですが、少し冷え込みがあったせいか、まだ蕾のものが多い。

それもまた、美しいのですが。

梅2

何と形容したらいいのか、私の稚拙な文章と下手糞な写真では伝わらないのが残念。

梅3

盆梅だけでなく、上のようなアレンジしたものも展示されています。

梅5

見事な白梅の枝垂。台座に高さを持たせて、くわっと迫る様が素晴らしい…

梅4

これは野梅。大迫力。中には樹齢200年!のものがあります。(写真忘れた…)

それもういっちょう!

梅6

そんな訳で、たっぷり梅を堪能して、大満足…

(実は、笛の演奏と道真公にまつわる講談があり、予定より1時間オーバーで終了)

出口に向かうと…あった!これ!

すべらんうどん

ただいま話題沸騰中!?のすべらんうどん!!

そう、じつは今回やる気倶楽部としてこれを見に来たのです。

結構売れてる様子で、伺うと数日前にテレビに紹介されて、

売れ行きがよいとのこと。1箱1000円です。

いやぁ。やる気倶楽部でも紹介してたんすよ。え、ご存知ない?

菅原道真のご利益 大阪天満宮のすべらんうどんで合格祈願

熊五郎さん渾身のすべらん記事。ぜひご一読を。

熊五郎さんによると、近くのお店で食べられるとのことで、それを楽しみにしていたのですが、

講談をのんびり聞いていたことで帰りの電車の時間が迫っており、断念。

(うう…昼飯軽めにしてたのに…涙)

知人の家族にプレゼントする分だけを購入して、帰宅となりました。

年始の頃から受験前の1月一杯は、数多くの受験生でにぎわう天満宮。

昨日も、中学生?だったでしょうか…

学生服姿の女生徒数名が真剣にお参りしていたのが印象的でした。

皆さんもお近くにお立ち寄りの際は、ぜひ参拝されてみてはいかがでしょうか?

(担当:K.M)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/210-c0b9ac47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。