やる気満々↑無気力沈々↓無気力症候群にならない秘訣 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » やる気満々↑無気力沈々↓無気力症候群にならない秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気満々↑無気力沈々↓無気力症候群にならない秘訣

3月~4月は受験戦争を終え希望する学校に合格し

就職戦線を突破し希望の会社に就職し新生活をスタートする時期だ。

前途洋々、やる気満々の人たちが世の中に溢れる。




ところがこの時期から5月にかけて

せっかく新たな生活を謳歌するはずの人たちが

やる気を無くし無気力になる。

5月病と言われることもある。

これは一種の病気で無気力症候群という。
やる気なしカバ&パンダ





新しい生活に入り「自分が人より劣っているのでは??」という心配・不安感にさいなまれる。

新生活の場所が「自分がいるべき場所ではない」と思い込んでしまう。

「自分は駄目な人間だ」などと思い詰め、ついには学校や会社に行けなくなってしまう。

受験戦争や就職戦争に耐えて勝ち抜いてきた本来強いはずの人が陥ってしまうのである。




親の言いなり、先生の言いなり、友達や周りの人の言いなりになって生きてきた人たち。

自分の意思しっかりともって生きてこなかった人たち。

自分に自信がなく、自分で道を切り拓いていけない人たち。

こういう人たちが、新しい生活のなかで無気力症候群になりやすいそうだ。




また合格とか就職など「目標を失うこと」が原因で気力が無くなる状態

あるいは無関心になってしまう場合も多いそうだ。



子供のころから自分の考えをしっかり持ち、

自分の道を自分の力で切り開いていける強い人間であればよいが

人間は弱いものでなかなかそうもいかない。


やる気目標

常にやる気満々でいるためには、

常に「目標を持ち続ける」ことが重要なようだ。

但し、目標と願望は違うぞ!

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/213-a9e55405

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。