真田信之・信繁(幸村)兄弟の危機管理 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 真田信之・信繁(幸村)兄弟の危機管理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田信之・信繁(幸村)兄弟の危機管理

真田信之は、真田十勇士の講談で有名な真田幸村(信繁)の兄である。
真田 信之

もともと真田氏は、信州の名族・海野氏の傍流である。

信州小県郡の山間にある真田郷の在地小領主であった。

越後や上州・関東・甲斐などの大国に囲まれ常に脅かされていた。

信之の祖父・真田幸隆は争いに敗れ上州に逃れ、

以前ブログで紹介した長野業正に保護されていた。

その後幸隆は武田信玄の家臣となり信州攻略の中心となって活躍し重用された。




幸隆の子・昌幸も信玄に仕えていたが

武田勝頼が織田信長に滅ぼされたのちは信長に降った。

すぐに信長が本能寺に倒れると、

北条や徳川の侵略を受けるようになり、

その挟撃のなかでうまく立ち回り存続した。




昌幸の子が、信之と信繁(幸村)である。

秀吉亡き後の天下分け目の関が原では、

大阪方と徳川方の争いに巻き込まれるなか、

小大名が生き残るために信之は徳川方に、

昌幸・信繁(幸村)親子は大阪方についた。
真田昌幸・幸村

昌幸・信繁(幸村)親子は、中仙道を関が原に向かう

後の2代将軍、秀忠を足止めし遅延させるという活躍をした。

しかし関が原後は家康の恨みを買って領地は没収され紀州へ流された。

このとき処刑されなかったのは兄・信之の口添えがあったからとも言われている。




その後、信繁(幸村)は大阪夏の陣で家康を追い詰める活躍をするも討ち死に。

その後真田氏は、昌幸の旧領を回復し、

のち松代藩主として徳川の時代を生き延びる。

幕末には8代真田幸貫(ゆきつら)が幕府老中となった。

彼は藩士・佐久間象山(開国派・蘭学者)を抜擢したことでも有名である。

明治には真田子爵(後に伯爵)家となって存続した。



真田氏のような小領主は大国に囲まれ、

時代時代により寄るべき道の選択がせまられるが、

家を分断してどちらについても存続できる選択をして生き延びた典型である。

前回のブログで紹介した細川忠興のように選択を誤らないというのが一番だが、

どちらでも大丈夫と言う安全対策・危機管理も現代社会に通じるものがある。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/218-6ef89bdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。