乙武さんが設立・運営に携わる「まちの保育園」に感じた、強い想いと行動力 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 乙武さんが設立・運営に携わる「まちの保育園」に感じた、強い想いと行動力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙武さんが設立・運営に携わる「まちの保育園」に感じた、強い想いと行動力

乙武さん、保育園開設へ 教員の経験「地域で子育て」(2011年2月21日5時2分 asahi.com)

 ベストセラー「五体不満足」の著者で、昨春まで3年間公立小学校の教諭を務めた乙武洋匡(ひろただ)さん(34)が4月、東京都内に保育園をつくる。園舎の入り口にカフェやギャラリーを設置し、周囲の住民と園児を交流させながら、地域全体で子育てをする環境をつくりたいという。
 乙武さんは昨年、仲間2人と、保育所の開設・運営を手がける株式会社「ナチュラルスマイルジャパン」(松本理寿輝〈りずき〉社長)を設立し、取締役に就任。同社の最初の事業として、練馬区に「まちの保育園 小竹向原(仮称)」をオープンさせる。すでに都の認証を申請中で、初年度の定員は40人。
(以上引用終わり)

保育園の公式HPはコチラ⇒まちの保育園

今朝、上記ニュースを読んで、大きな驚きと少しの悔しさを覚えました。

何に驚いたかといえば、その規模。

初年度定員40名に対し、広さ約900平方メートル。これだけでも驚きなのに

2階建て約380平方メートルの園舎と約280平方メートルの庭を設けるとか。

園児1人あたりの面積は国の設置基準の2倍近いとはアサヒコムの記事どおりで、

建物の写真を見ても、非常に洗練されながら、温かみのあるデザインです。

まちの保育園(asahi.com)
(※asahi.comより引用)

さらに、ギャラリーとカフェを施設内に併設することで、

地域住民を中心とした「人との出会い」を演出するという発想も新鮮です。

一般的に、昨今の子ども向け施設(公立学校も含む)は、

子ども達を守ろうとするが故、他者の進入を防ぎ、子どもを囲い込む方向で

設計される場合が多いのですが、ここの発想は逆です。

地域全体にひらかれた園をつくることで、多くの出会いがもたらす多様性

を確保しながら、一方で子どもを見守る目を増やすという発想。

そして最大の驚きは、これだけの園を、民間の株式会社として設立・運営するという事です。

東京都の認証保育園ということで、自治体から補助金は出ます。

しかし、補助金が出たとしても利益が出にくいのが保育園。

人件費を中心とした高い経費の割に、保育料を中心とした収入は限られています。

保育園がなかなか増えないのは、そういった経営面での難しさに加えて、

大切な子どもの命、教育を預かるというリスクがあるからです。

そんな中、カフェの併設は、そういったリスクを解消し(前述の通り、地域全体で支える)

カフェの売上によって限られた収入を補い、保育料を抑えるという工夫の表れでもあります。








ところで…大きな驚きと少しの悔しさを覚えた、と書きましたが

少しの悔しさとは、「想いをカタチにする行動力」を痛感したからです。

実際のところ、こういった保育園のビジネスモデルは案としては既に一部で

語られており、実際これに近い保育園を運営しているところもあります。

ただ、ここまで理想的なものはなく、妥協を一切感じないものは初めてでした。

自分が想う子育て環境を絶対に実現するんだ、という強い意志が無ければ

絶対に実現しないモデルだということは、断言できます。

そのことに、驚き、悔しさを覚えたのです。







もっと簡単に言えば、自分は何をしているんだろう…ということ。

やる気倶楽部はまずは子ども達から、そして将来的には子どもも大人も幅広く

日々のちょっとした頑張り、あと少しの努力、ぽんと背中を押すキッカケ…

そういったものを支える「やる気」を可視化して、高めるサポートをしたい

そんな想いから出来たチームです。

なかなか思い通りに進まない第一号コンテンツ『やる気向上テスト(仮称)』に

四苦八苦している自分の状況を打ち破って、想いをカタチにするんだという

強い行動力が自分には足りないと痛感させられたのです。

人と比べる、ましてや乙武さんなどと同列で考えるのは身の程知らずもいいところですが、

私とて縁あって教育や人材育成に関係するビジネスに関わる人間です。

まずは、自分がこの先取り組む仕事にどんな想いを持ち、どんな仕事を成すべきか。

今一度、そこを考えて整理し、今取り組んでいる仕事に反映したいと思います。

(担当:K.M)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/222-eaa3f231

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。