ギフテッドという英才児・優秀児・天才児、自ら生れ持つ素質開花の為の教育 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » ギフテッドという英才児・優秀児・天才児、自ら生れ持つ素質開花の為の教育

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギフテッドという英才児・優秀児・天才児、自ら生れ持つ素質開花の為の教育

世界を見渡すと英才児、優秀児、天才児という子供がたくさんいる。

生まれつき、先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っている子供たちだ。

彼らは誕生時から生涯にかけて学び方の高い素質や生まれつきの高い学習能力を持ち、

ギフテッド(Gifted)と呼ばれている。

日本では「飛び級できるような賢い子」という一面で捉えられているようだ。



ギフテッド (Gifted) とは贈り物を意味するギフト (gift) が語源で、

神あるいは天から与えられた資質.

特に学術的な才能を指す。

一方、芸術的な部分を特にタレンテッドと呼んでギフテッドと併用し、

彼らに対する教育を「ギフテッド・タレンテッド教育」と言う。




ギフテッドは常に知的刺激を渇望し、

興味ある分野を自分の好む学習方法で深く掘り下げて探求する傾向にある。

それが結果として自らの属する学年より先のレベルに到達していくのである。

「ギフテッド・タレンテッド教育」は、

教育熱心な保護者が子供を主導して知育教育を施したり幼児教室に通わせ、

いろいろな教材を子供に買い与える早期教育とは一線を画するものである。

「ギフテッドの才能を伸ばす」ということはできるが、

「こうすればギフテッドになる」というものではない。



天才は生まれつき天才であり、その天賦の才能を伸ばす教育を

正しく行なうことができれば天賦の才能を発揮し高めていくことができる。



早期教育、知育教育とは異なる「ギフテッド・タレンテッド教育」を受けるに値する

ギフテッドは、その多くが世の中に隠れているはずだ。

彼らを早期に見つけるための(幼児の)才能の判定法がまずは重要ではないだろうか!
ギフテッドー天才の育て方 (学研のヒューマンケアブックス)ギフテッドー天才の育て方 (学研のヒューマンケアブックス)
(2009/12/09)
岡 南、小倉 正義 他

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/236-1979dcd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。