明智光秀の妻の名言「髪は時が経てば生えてくる・・」 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 明智光秀の妻の名言「髪は時が経てば生えてくる・・」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明智光秀の妻の名言「髪は時が経てば生えてくる・・」

明智光秀、本能寺の変で主君・織田信長を滅ぼし、
明智光秀

いわゆる「三日天下」をとった戦国武将である。

明智家は200年にわたり美濃国の国主を務めてきた土岐家の庶流である。

土岐源氏といわれ名門中の名門である。

家紋も土岐家と同じ「桔梗」である。



その土岐家は内紛に付け込まれ斎藤道三により滅ぼされ、

明智光秀の父も道三との戦で亡くなってしまう。

光秀は土岐家の敵(かたき)に仕えることをよしとせず浪人し各地を放浪する。

泉州堺で覚えた鉄砲の技が認められ、越前・朝倉氏に召し抱えられる。

しかし光秀にとって朝倉氏は期待はずれであった。



織田信長により美濃国の情勢も変っていた。

信長のことを知って将軍家の後見を依頼しようと思いつく。

そして信長への仕官を希望するが仲介してもらう当ても先立つものもない。

やがて仲介してくれる人が見つかるが手ぶらで行くわけにも行かず困り果て、

妻につい泣き言を言ったそうだ。



翌日、妻は黒髪を切った姿であらわれた。

光秀は「女の命ともいえる黒髪を・・・」

妻が言う「髪は時が経てば生えてくるが、あなた様(光秀)の出世の時は待ってくれない」




その後光秀は信長に仕え、織田家家臣のなかで最初の城持ち大名に出世する。

大事なものに固執するよりもタイミングを重視すべきことを光秀の妻から教えられたようだ。



※明智光秀の妻【妻木範熈の娘・熈子(ひろこ)】に関する逸話はいくつかある。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/238-c4490676

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。