子供が算数・数学を学ぶ時の壁「分数」を乗越えるオルダゲーム - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 子供が算数・数学を学ぶ時の壁「分数」を乗越えるオルダゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供が算数・数学を学ぶ時の壁「分数」を乗越えるオルダゲーム

子供たちに「繰り上がり」と「繰り下がり」の概念を教えるのは難しいが

それらをゲームで楽しく学ぶために「テンズ・コネクション」というオルダゲームを紹介した。




子供たちが算数・数学を学ぶ中でもっと苦労する概念が「分数」だろう。

分数というのは「割合」の概念の基本形である。

子供達にとってはとらえどころの無い概念で拒否反応を示しやすい。

子供達の数学的センスを養う上で

この「分数」の概念を学ぶときに躓かせてはならない。



この「分数」の概念をゲームで楽しく学ぶことのできるオルダゲーム

ステップアップ・フラクションズ」だ。

ステップアップ・フラクションズ

隣り合う図形や分数を描いたカードを繋ぎ並べる。

隣り合う図形やカードの「分数」を足し算すると「1」になるように並べることで

視覚的に「分数」・「割合」の概念の本質が理解できるようになっている。

これも対戦型のゲームなので競争心が湧き「やる気」がアップする。

そして相手の出方を予測し戦略的な思考が育つ。

先見力や論理性も養うことのできる楽しいゲームだ。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/259-6a9cbec0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。