驚くべき学びの世界 レッジョ・エミリアの幼児教育 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 驚くべき学びの世界 レッジョ・エミリアの幼児教育

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚くべき学びの世界 レッジョ・エミリアの幼児教育

イタリア式乳幼児の教育法『レッジョエミリア方式』
『レッジョ・エミリア・アプローチ』と呼ばれる保育がある。
レッジョ・エミリアの幼児教育

北イタリアのレッジョ・エミリア市で、地域の共同保育運動として始まった。

第2次世界大戦後まもなくのことだ。




教育家ローリス・マラグッツィの指導と市当局のバックアップによりその基礎がつくられた。

1991年ニューズウィーク誌「最も革新的な幼児教育」として紹介され

世界的に注目を浴びるようになった。

日本では東京で『子どもたちの100の言葉』という作品展が催されてからのようだ。
レッジョ・エミリア 100の言葉




レッジョ・エミリアの教育は、

子どもと大人の双方が創造性を発揮し美的で探求的な活動の中でともに学び、

ともに育ちあう関係を形成する所にある。

したがって大人の知識や技能・技術を子どもに教え込むというものではない。

子どもたちは身振手ぶり・言葉・アート(芸術)を使って

自らの思考や感情を表現し伝達することのできる独立個人として育つようになる。




思考・感情の表現や伝達には、

相手が必要なコミュニケーションを行なう環境や機会が必要なのである。

そのためにコミュニケーションの相手である親・保育者に求められるのは、

子ども達の様々な思考・感情表現に対する「見る目・聞く耳」と

同じレベルのコミュニケーションで応答する「術」を体得していることである。




レッジョ・エミリアの幼児教育においては、

まず子ども達に波長を合わせたコミュニケーションが成立つ為の

保育環境・スタッフ育成・育児支援・家庭支援が実現可能であることが重要
である。

そしてマニュアル・カリキュラム・決められた教具などを利用し

決まったとおりのことを教えるのではなく、

子どもと保育者がコミュニケーションを取合いながら、

その中でユニークなカリキュラムを協同で創り出して行くのが

この保育アプローチの特色
である。

これらの実践を積上げによって

誰の目にも明らかな能力の違いを作り出されることが証明されている。

驚くべき学びの世界~レッジョ・エミリアの幼児教育~驚くべき学びの世界~レッジョ・エミリアの幼児教育~
(2011/03/28)
不明

商品詳細を見る

※レッジョ・エミリアの幼児教育を紹介した書籍


今でもレッジョ・エミリア市において研修会が定期的に開催され

幼児教育の世界的研究センターが形成されている。

西欧諸国・北米・アジア各国から多くの教育者によるレッジョ詣でが盛んである。




日本国内での教育実践はまだ創成期と言えよう。

参考書籍も少なくインターネットで調べても殆ど取り組んでいる所が無い。

ましてや認可保育園での取り組みは全く無いといってよさそうだ。

世界的に評価されて実績をあげている幼児教育を取り入れた

保育アプローチが日本に殆ど無いのは何故なのだろう?

レッジョの教育スキルを有する親・保育士がいないことなのだろうか?

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/266-6baa8c49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。