島津義弘 関が原での起死回生 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 島津義弘 関が原での起死回生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島津義弘 関が原での起死回生

島津義弘、薩摩島津氏の第17代当主と言われている。
島津義弘
※実際は、当主を譲られていないという説もある…

島津氏は守護から戦国大名へと発展し、

江戸時代には外様大名・薩摩藩主として存続、

明治以降は華族として存続した名家である。



もともと主筋である藤原摂関家筆頭の近衛家の

日向国島津荘(現宮崎県都城市)の荘官(下司)として九州に下り勢力を拡大、

その子の惟宗忠久が、源頼朝から正式に同地の地頭に任じられ

島津を称したのが始まりとされる。

始祖は島津忠久である。



鎌倉から明治まで同じ地域で根強く行き続けた珍しい家であるが、

その間何度か危機に見舞われている。

その一つは、豊臣秀吉の九州征伐である。

もう一つが関が原の戦いで西軍に着き破れたときであろう。



九州征伐では、秀吉の圧倒的な軍勢の前に良く戦ったものの完敗であった。

義弘の兄:島津義久が当主のときである。

島津氏は許され本領安堵されたものの義久は弟の義弘に家督を譲ったとされている。(実際は義久に実権が残っていたようだ)

その後、島津義弘は豊臣政権に協力的で、

朝鮮の役での活躍は有名である。

しかし本国において兄:義久は健在でどちらかというと反豊臣、

義弘は親豊臣という構図であった。

秀吉の死後起こった関が原の戦いでは、

本国での構図が影響したのか当主の義弘に本国の軍勢を動かすことができず

大坂の少数の兵を率いて西軍について参戦したのである。

小早川秀秋の寝返りにより西軍は敗色が濃くなり、義弘の軍勢は

戦場の真っ只中に取り残され風前の灯火となる。

優勢な東軍に押し包まれて滅亡というときに、義弘は意外な決断をする。

関が原の真っ只中を、家康の本陣をめがけて少数で突入し、

呆然とする徳川本陣を横切り伊勢方面へ逃げ去って、

そのまま船で薩摩本国へ脱出するという起死回生の行動をとった。
関が原 敵中突破1

窮鼠猫を噛むではないが、

退却する方向が、まさかの正面、徳川の本陣という

思いもかけない行動が起死回生を産んだのである。



危機というものは、誰にでも人生の中で何度か起こりうることである。

危機を脱するための起死回生の行動というものは

人をあっけにとらせるようなものでなくてはならない。




東日本大震災で大きな被害を受け、

今、福島の原子力発電所でメルトダウンが起こった日本において
メルトダウン

起死回生となりうる政府の決断は、まだまだ望めそうも無い。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

No title

唐土や倭をかけて心のみかよう思うぞ深きとは知る 島津義弘

2011-06-13 00:38 │ from 名無しさんURL

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/268-37430b48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。