アクティビティに楽しみながら取組む教育プログラム「ファストラックキッズ」 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » アクティビティに楽しみながら取組む教育プログラム「ファストラックキッズ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティビティに楽しみながら取組む教育プログラム「ファストラックキッズ」

FasTracKids(ファストラックキッズ)という教育プログラムが

日本でも注目を集め初めている。

1998年にアメリカで最初のアカデミー(学習拠点)が開校して以来、

現在まで26カ国、200アカデミー以上に広がっている。

日本語は12言語目ということである。




実験・ディスカッション・ゲーム・ロールプレイ・ダンスなど

色々なアクティビティ(遊び・活動)に楽しみながら取り組むことで、

「考える力」、「表現する力」、「社会性」を育む教育プログラムである。

幅広いテーマと多様な体験型アクティビティを通して

子どもたちの探究心や好奇心を引きだし、

学校での学習や生活そして社会生活において基礎となる

「考える力」や「コミュニケーション力」を育むものである。

ファストラックキッズ2


「答えを教わる」「覚えた」ではなく、

「自分で考える」「もっと知りたい」「できるまで頑張る」などが

子どもたちの成長の原動力となり問題解決する力を育むとともに

聞き手に効果的に伝える発表・プレゼンテーション力を身につけ、

かつディスカッションやグループ活動を通してリーダーシップも養うことができる。



この教育プログラムは、米国ファストラックキッズインターナショナル社が開発したもので、

日本ではコクヨが始めて導入するそうだ。

コクヨは、幼児教育に力を入れていて、

以前紹介したオルダゲームを利用した「オルダプログラム」に続いて

ファストラックキッズ」を導入するなど新しい幼児教育に目を向けていて頼もしい。

ファストラックキッズ


教育というものは楽しく学べるものでなくては子供たちにとってなかなか身につかないものであるが、

「オルダプログラム」も「ファストラックキッズ」も何か楽しそうだ!
(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/278-8cbcb39e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。