NHK大河ドラマ「江」の夫、豊臣秀勝は3人いた - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » NHK大河ドラマ「江」の夫、豊臣秀勝は3人いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「江」の夫、豊臣秀勝は3人いた

今年の大河ドラマは織田信長の姪で

北近江の浅井長政の娘:江姫(江与)が主人公である。

太閤秀吉の側室:淀君の一番下の妹である。

三度結婚したが、最後の夫が徳川2代将軍:秀忠であり、

嫡男が3代将軍:徳川家光である。



織田信長の妹:お市の方は浅井長政に嫁いだが、

浅井長政が信長から離反し滅ぼされたのち、

織田氏の重鎮:柴田勝家に3人の娘を連れて再婚した。

この柴田勝家も羽柴秀吉と覇権を争い破れ滅亡し、

お市の方はここで勝家と運命をともにしてしまう。

浅井三姉妹
※左から、茶々(淀君)、初(常高院)、江(崇源院)

3人の姉妹は秀吉に保護され、

一番上の姉:茶々は秀吉の側室で秀頼の実母である。

2番目の姉:は、近江の名門:京極家の当主:京極高次に嫁ぎ

比較的安定した一生を送ったそうだ。

一番下の江姫は、秀吉の政略に巻き込まれ、

最初、尾張の国人:佐治一成に嫁ぐが、

秀吉に離縁させられてしまう。

その後、2回目の結婚で結ばれたのが豊臣秀勝である。



秀勝という名の豊臣所縁の人物は3人いてややこしい.

江の夫:秀勝は、秀吉の姉:日秀(とも)の子で秀吉の血の繋がった甥である。

甥といえば、秀吉のあとを次いだ関白:豊臣秀次が有名だが、その弟である。

ちなみに秀次・秀勝には一番下にもう一人弟がいる。

豊臣秀保(ひでやす)といい、大和大納言:豊臣秀長の養子となっている。

3人の秀勝のあと二人は、秀吉が養子に頂いた信長の四男:於次

秀吉の実子:石松丸である。

二人とも早世している。

江姫の夫、豊臣秀勝の人物像などは殆ど残っていないが、

どうも秀次や秀保に比べると武将としても施政者としても上だったようだ。



九州征伐でも活躍しているが、褒美に不満を訴え、

一時秀吉の怒りを買って謹慎させられている。

後に許されて敦賀から甲斐・信濃二カ国の太守として行政を行なっている。

後には岐阜へ移り従四位参議に任ぜられ「岐阜宰相」と呼ばれている。

秀次も秀保も後の世での評価は芳しくないが、この秀勝の評価は悪くない。

むしろ惜しまれている。

徳川秀忠に嫁いだ江姫の前夫ということもあるのかも知れないが、

九州征伐や小田原征伐、朝鮮の役でも活躍しており、

甲斐・信濃・美濃の太守としても立派に務めている。

朝鮮の役の最中、巨済島で病没してしまうが、

彼が生きていれば豊臣家の命運も大きく変っていたのではないかと思われる惜しい人物だ。

※ちなみに、大河ドラマでは、秀勝をエグザイル(EXILE)AKIRA
 
 演じており、秀勝=AKIRAのイメージが植え付けられそうだ。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/280-c68e9aab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。