毛利を支えた兄弟、毛利元就の三本の矢の逸話 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 毛利を支えた兄弟、毛利元就の三本の矢の逸話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛利を支えた兄弟、毛利元就の三本の矢の逸話

毛利氏は、中国地方の小さな国人領主であったが、

謀将といわれた毛利元就のとき、
毛利元就

中国地方の大部分を支配する大大名となった。

防長両国(周防・長門)の大名・大内義隆が家臣・陶隆房(晴賢)の謀反で滅びると(大寧寺の変)、

元就は安芸国にジワジワと勢力を拡大し、

尼子晴久の侵入も撃退した。



当初、気脈を通じていた陶隆房(晴賢)も元就の勢力拡大を恐れ対立するようになった。

そして日本三大奇襲といわれる厳島の合戦で元就は勝利を得、

中国地方制覇に向かった。元就には3人の息子がいた。

長男の毛利隆元、次男の元春、三男の隆景である。

次男・元春は吉川氏へ三男・隆景は小早川家に養子に出て、

吉川・小早川は毛利両川といって毛利家を支えることになる。



あるとき元就は三人の息子(隆元・元春・隆景)を呼び寄せ、

1本の矢を折るよう言った。

息子たちが難なくこれを折ると、次は3本の矢束を折るよう言ったが、
毛利三本の矢

息子たちは誰も折ることができなかった。

元就は一本では脆い矢も束になれば頑丈になるということを示し、

三兄弟の結束を強く訴えかけた…というものである。

これが有名な「三本の矢」の逸話である。



その後長男の毛利隆元は早世するが、

後を次いだ毛利輝元吉川元春小早川隆景はよく支えた。
毛利両川
※左から、隆元、元春、隆景(なんとなく似ている!)

特に小早川隆景は先を見る目は確かで早々に豊臣秀吉との接近を果たし、

元春の後を次いだ吉川元長とともに豊臣政権下、

毛利氏の安泰を図ったのである。


大震災の復興を果たすためにも政治家たちには3本の矢となってほしいものだ。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/294-8e61c62d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。