国民の祝日、海の日 海の記念日 山の日、川の日まで - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 国民の祝日、海の日 海の記念日 山の日、川の日まで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の祝日、海の日 海の記念日 山の日、川の日まで

1995年(平成7年)海の日が制定された。
海の日ロゴ

翌1996年(平成8年)から国民の祝日として施行された。

制定当初は7月20日だったが2003年(平成15年)の祝日法改正により、

ハッピーマンデー制度で7月の第3月曜日となったのである。



祝日法改正前は海の記念日という記念日であった。

海の記念日は、1876年(明治9年)明治天皇の東北地方巡幸において、

灯台巡視汽船「明治丸」によって航海をし、

7月20日に横浜港に帰着したことにちなんで1941年に制定されていた。

海の日という、海にちなんだ国民の祝日があるのは、日本だけらしい。

暑い時期に祝日が1日増えたことは身体をゆっくり休めることができて嬉しい.

子供たちも海水浴などで大いに楽しむことができる。

各県でも海に関するイベントが目白押しだ。



ちなみに海の無い県ではどうしているのだろうか?

奈良県は、山の日・川の日と条例で定めているとのこと。
奈良 山の日

それも一つと感心した。

(担当:熊五郎)



■「海の記念日発祥の地」碑
海の記念日発祥の地

明治9年(1876)、明治天皇が初の東北巡幸で青森を訪問された。
巡幸日程を終え、明治天皇は、わが国初の鉄製蒸気船明治丸に乗り
函館を経由して7月20日横浜に帰還された。
「海の記念日」はその日を記念し海国ニッポン海洋海事思想の普及を願い
昭和16年に制定された。
明治天皇の訪問を記念した石碑や「海の記念日発祥の地」碑が、
青函連絡船の発着場近くの「みなとオアシスあおもり」聖徳公園に建立されている。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/295-8708662c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。