武田信玄のナンバー2 弟:典厩 武田信繁 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 武田信玄のナンバー2 弟:典厩 武田信繁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田信玄のナンバー2 弟:典厩 武田信繁

信繁

武田信繁武田信虎の次男として甲斐国に生まれた。

兄はかの武田信玄である。

信虎&信玄
※武田信虎 右:信玄

戦国時代は親子兄弟同士が血で血を洗う対立が当たり前の時代であった。

織田信長と弟:信行、斉藤道三と嫡男:義龍、伊達政宗と弟:小次郎など。

しかし天下をとった羽柴(豊臣)秀吉と弟:秀長のように

弟が兄を補佐しナンバー2に徹した兄弟は成功をおさめている。

武田氏の全盛期を現出したのも、兄:信玄を補佐したナンバー2:信繁の功績が大きい。



信繁は幼少の頃から利発で兄・信玄に対しても絶対的な忠誠を尽くしていた。

父:信虎は兄:信玄を差し置いて後継者にしようとしていたほどである。

信玄はそれを察知し信虎を駿河へ追放するが、

信虎追放後も信繁の兄:信玄への忠誠心は変らなかった。

信玄が国主になってからは副将として殆どの戦に従軍し家中の人望も非常に高かった。

しかし第4次川中島の戦いでは、山本勘助の作戦失敗による危機の際、

山本勘助&川中島合戦


本陣の兄:信玄を守って奮戦し討ち死にした。

信繁が生きていたら勝頼の無謀な長篠の敗戦も無かったのではないだろうか。

武田氏も織田信長に滅ぼされること無く命脈を保ったかもしれない。



また嫡子武田信豊に残した99ヶ条にわたる『武田信繁家訓』(甲州法度之次第の原型)は、
甲州法度之次第

江戸時代の武士の心得として広く読み継がれ、後世の武士へ強い影響を残した人物と言える。

江戸時代の儒学者室鳩巣
室鳩巣

「天文・永禄の間に至って賢と称すべき人あり。甲州武田信玄公の弟、古典厩信繁公なり」

と賞賛している(『駿台雑話』)

このようなナンバー2が必要な世の中ではないか!

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/299-4459e20f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。