石田三成、以外に多い逸話 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 石田三成、以外に多い逸話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田三成、以外に多い逸話

石田三成は近江国坂田郡石田村(滋賀県長浜市石田町)で生まれた。

三成

幼名は佐吉。

最近、NHK大河ドラマの、「天地人」や「江~姫たちの戦国~」で

人気俳優:小栗旬萩原聖人が演じている。

石田三成


秀吉の側近として何か意地の悪い嫌われ者のイメージがあるが、

三成には、結構有名な逸話がたくさんあるのでその一部を紹介しておこう。




秀吉が近江国長浜の観音寺(三珠院という説もあり)に、

鷹狩りの帰りに立ち寄ったときのエピソードが有名である。

俗に「三杯の茶(三献茶)」と呼ばれるエピソードである。

のどの渇きを覚えた秀吉が、寺小姓に茶を所望した際、

最初に大振りの茶碗にぬるめの茶を、

次に一杯目よりやや小さい茶碗にやや熱めの茶を、

最後に小振りの茶碗に熱い茶を出した。

まずぬるめの茶で喉の渇きを鎮めさせ、

後の熱い茶を充分味わわせようとする寺小姓の細やかな知恵配り・心遣いに感じ入った秀吉は

彼を家来として採用した。

それが後の石田三成であるという逸話だ。



また。当時名将として名高かった島清興(左近)を知行の半分を与えて召抱えたといわれる。

「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」

と謳われるほどの人物であったとされる。



秀吉の死後、関が原の戦いに敗れ、捕らえられた三成が処刑直前に、

警護の者に喉が乾いたので水を所望したとき

「水は無いが、柿がある」と言われたところ、

「柿は痰の毒であるのでいらぬ」と答えた。

警護の者は「首を切られるものが、毒断ちをして何になる。」と笑ったが、

三成は「大志を持つものは最期の時まで命を惜しむものだ」と平気な顔をしていたそうだ。



徳川に反して処刑された三成の評判は徳川幕府によって過度に悪くされた感はあるが、

やはり一流の人物であったように思える。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/302-c2c50127

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。