カール・ビッテの教育法と幼児教育の世界的権威グレン・ドーマン博士のメソッドのコラボ「家庭保育園」 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » カール・ビッテの教育法と幼児教育の世界的権威グレン・ドーマン博士のメソッドのコラボ「家庭保育園」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カール・ビッテの教育法と幼児教育の世界的権威グレン・ドーマン博士のメソッドのコラボ「家庭保育園」

カール・ビッテの教育法に基づき、

幼児教育の世界的権威、ドーマン研究所グレン・ドーマン博士のメソッドをはじめとする
グレン・ドーマン博士

いろいろな指導プログラムで行なう「胎児・赤ちゃんのための学校」なるものがある。

「胎児の脳は未熟で働いていないので無である。」というのはまったくの逆で、

胎児こそ人間の中で最も素晴らしい天才という考え方からスタートしている。



子宮内にいる胎児は母親を通して知識や情操を伸ばしてゆく能力があり、

胎内期における母親の愛情ある言葉がけや働きかけの質と量が

その子の人間形成や学習能力に重大な要因であることが解ってきた。

赤ちゃんの無限の可能性を引き出すには、5つの重要な原則があるといわれている。

①できるだけ0才に近い時期に!②できるだけ母親の手で!

③できるだけ家庭で!④最高の品質で!⑤正しい方法で!学習をくり返して行なうことが

大切だと考えられている.

育児というすばらしい事業を行なう母親達はその具体的な方法を知らないのが殆どだろう。

また生活を考えるとすべてを母親の手や家庭でできるものではない。

母親の手や家庭で育児が可能な人たちにとっては

カール・ビッテやドーマン博士のメソッドを取り入れたビッテ式家庭保育園というものは有難いものであろう。



生活に忙しく働かなければならない多くの母親たちは、

自らの手や家庭ではこのようなすばらしい育児方法を実践することは

不可能に近いのかもしれない。

(担当:熊五郎)


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/303-0cb97f23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。