AKB48 総選挙 投票権で躍らせるビジネスモデル 秋元康氏の凄さ - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » AKB48 総選挙 投票権で躍らせるビジネスモデル 秋元康氏の凄さ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB48 総選挙 投票権で躍らせるビジネスモデル 秋元康氏の凄さ

人気アイドルグループAKB48の22枚目のシングル(8月発売予定)を歌うメンバーを

ファン投票で決める「第3回AKB48選抜総選挙」の結果が6月9日夜、

AKB総選挙



東京都千代田区の日本武道館で発表され、前田敦子さん(19)が1位に選ばれた。

昨年首位の大島優子さん(22)は2位となった。

今回の総選挙には、AKB48のほか、姉妹グループのSKE48

NMB48のメンバーら計150人が候補者として参加し、

ファンクラブ会員や5月25日発売の21枚目のシングル

「Everyday、カチューシャ」の購入者らに投票権が与えられた。
Everyday、カチューシャ

このCDは売り上げが145万枚を超える大ヒットとなった。

このCDを5500枚880万円も買って投票権を5500票得たツワモノまで出たそうだ。
698344f7jw1dhjt0iwsjrj.jpg

インターネットに堂々と載っていた。

それにしてもファンの心をうまくつかんでCDを販売するという

このようなビジネスモデルを考えたプロデューサー秋元康氏という人は本当に凄い。
秋本康

次はどういった戦略をたててくるのか楽しみだ。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/309-8b719d3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。