当たり前を、当たり前に戻そう - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 当たり前を、当たり前に戻そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前を、当たり前に戻そう

こんにちは、やる気倶楽部です。
今日はちょっと雑談っぽいお話を…

近頃、高齢者の所在不明に関する話題が数多く取り上げられています。
12日にも、127歳男性の所在が不明(大阪市)というニュースがありました。
そんな話題を特集する番組の中で、とある若い女性タレントの方がこんなことを言いました。

「わたしは、お盆やお正月は「実家に帰るもんだ」と思って、面倒でも帰るように決めてます。うちの家族はみんなそうです。」

これを聞いてやる気1号、感心しました。
家族関係が希薄になりつつある昨今、こういった「当たり前の感覚」がないがしろにされつつある気がしたからです。


そういえば先日、こんなことがありました。
最近同じアパートの同じ階に引っ越してきた若い男性がいて、出勤時に階段ですれ違った際
「こんにちは!」
と気持ちの良い挨拶を交わしてくれました。
よくよく考えてみれば、こんな挨拶も「当たり前」のことかも知れませんが、まだ30代の私でも最近は少なくなったように感じます。
ご近所や親戚付き合いはとかく面倒なことが多いのは否めませんが(苦笑)、よくよく考えてみると、悪いことばかりでもありません。

今年のお盆、皆さんはどのように過ごされていますか?
私は先ほどのテレビを見た後、「所在不明の高齢者の安否確認を…」と冗談っぽく母親に電話しました。お盆は仕事の関係で難しそうなので、代わりに8月後半の母の誕生日には家族集まって食事をすることに決めました。東京から妹も帰ってくるそうなので、楽しみです。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/31-421a31e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。