英会話を音符で表記するハミングリッシュ学習法、その効果は? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 英会話を音符で表記するハミングリッシュ学習法、その効果は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話を音符で表記するハミングリッシュ学習法、その効果は?

リズムで語学をすいすい習得できるハミングリッシュ学習法
humminglish.jpeg

世界中のほぼすべての言語における会話力の習得を効率化する新しい語学学習法である。

ハミングリッシュ学習法は、文章中の言葉の強弱、抑揚、高低、息つき等を、

音楽記号を用いて表記し、聴力に依存していた音声機器による発声習得を、

同時に視覚的リズムとしてイメージ認識できるように工夫した新しい学習法である。




この学習法は、すでに特許出願済みで、音の高低や長短を音符表記できることから、

これまで難しかった先天性聴覚障害をもっている人たちの発声機能の向上も期待できるとのことだ。

社団法人国際子育て支援機構が、この学習法を取り入れた初の英会話集「英語de保育」を出版した。

英語de保育―英会話を音符で表記するハミングリッシュ学習法英語de保育―英会話を音符で表記するハミングリッシュ学習法
(2010/10)
椛沢 容子、ジョウイ ラウ 他

商品詳細を見る


この機構は、今後、ハミングリッシュ学習法を取り入れた海外旅行ガイドブックや

語学教材の出版にむけ出版社と積極的な提携を働きかけていく方針とのこと。



また全国の大学、短大、専門学校、託児所、保育園、幼稚園等を対象に、

ハミングリッシュを体験できる講演会を開催して広げていこうとしている。

そして、「英語de保育」は、社団法人保育英語検定協会の検定を受ける保育士の教材にも指定されている。

保育英語検定4級テキスト保育英語検定4級テキスト
(2011/05/13)
社団法人 保育英語検定協会

商品詳細を見る



保育園でも園児に英会話を教える時代になり、

このような検定まで受検しなければならない時代になったようだ。

保育園の先生も大変だろうが、頑張って検定を受けて

子供たちにグローバル化の先鋒になるよう、

楽しく英会話を教える力をつけてもらいたいものだ。


効果測定のデータなどはまだ発表されていないようだが、

なんだか楽しく英会話が学べそうで面白そうだ。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/311-07522f10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。