愚将と言われながら織田の名を残した次男・信雄 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 愚将と言われながら織田の名を残した次男・信雄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚将と言われながら織田の名を残した次男・信雄

織田信長には結構多くの息子がいた。

しかし有名なのは嫡男の織田信忠、次男の織田信雄(北畠信雄)、三男の織田信孝(神戸信孝)

そして秀吉の養子となった四男:羽柴秀勝(幼名:於次)くらいであろう。

織田信忠・信雄・信孝
※左から、信忠、信雄、信孝



嫡男の信忠は将来を嘱望されながら父・信長とともに本能寺の変で横死。

三男の信孝も羽柴秀吉と柴田勝家の抗争の最中、自刃に追い込まれている。

秀吉の養子となった秀勝も早世している。



信長は伊勢攻略に際して、名門・神戸氏には三男:信孝を養嗣子に入れ実権を握った。

ついで伊勢の名門、伊勢国司:北畠具教を降伏させ条件として

具教の長男:北畠具房の養嗣子として信雄を入れて乗っ取ってしまう。

信雄は伊勢を治めるなか、伊賀へ侵攻して失敗し父・信長の勘気に触れる。

本能寺の変のあとも父の仇を討つ動きもなく安土城を焼いてしまったと言われている。

家康と組んで秀吉に対抗した小牧・長久手の戦いの折も、

せっかく優勢に進めながら勝手に秀吉と単独講和を結び家康を呆れさせてしまう。

およそ信長の息子とは思えない愚行の数々。



しかし生き残ることが難しい戦国乱世をしぶとく生き残り現代までその血筋を伝えたのは、

数多い信長の子孫の中では信雄の系統だけだ。

アイススケートで活躍している織田信成選手も信雄の庶流ということである。

織田信成


信雄は愚かな武将であったかも知れないが

オリンピック選手を子孫に輩出することができ

日本に希望を与えたことを考えると

信雄を愚将というのは気の毒な気がする。

よくやった!と言ってあげたい信雄だ。

参考)織田信雄を主人公にした小説があるので紹介しておこう!
狂気の父を敬え狂気の父を敬え
(1998/08)
鈴木 輝一郎

商品詳細を見る



(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/319-54fcbf64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。