主従の信頼関係 強い絆で窮地を脱した直江兼続 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 主従の信頼関係 強い絆で窮地を脱した直江兼続

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主従の信頼関係 強い絆で窮地を脱した直江兼続

直江兼続は、長尾政景の家臣・樋口兼豊(ひぐち かねとよ)の長男として

直江兼続肖像画
※直江兼続 肖像画

越後国上田庄(うえだのしょう)で生まれた。

政景が死去した後、上杉輝虎(謙信)の養子となった
上杉謙信
※上杉謙信 肖像画

政景の子・顕景(後の上杉景勝)に従って春日山城に入り
上杉景勝肖像画
※上杉景勝 肖像画

景勝の小姓・近習として仕えるようになった。

謙信の死後、養子同士の跡目争いが生じ(御館の乱

父・兼豊と共に景勝方に属し勝利した。

景勝への取次役など側近として活躍するようになった。



そして景勝の側近である直江信綱が殺害される事件が起きると、

兼続は景勝の命により信綱の妻であった船の婿養子(船にとっては再婚)となり

跡取りのない直江家を継ぐことになる。
直江兜
※直江兼続の「愛」の兜


織田信長が甲斐の武田家を滅ぼすとその勢いで越後にも迫り

上杉家は大きな危機を迎えるが、本能寺の変で信長が横死し危機を免れた。

その後豊臣政権下では、いち早く豊臣に近づき特に兼続は石田三成と親しくなる。

景勝も五大老の一人として会津120万石の領主となり、

兼続も米沢に30万石を与えられていた。



しかし秀吉の死後、家康が台頭してくる。

景勝・兼続が会津の町を新しく作り直す過程で

旧領主:蒲生氏郷の若松城に代わる新しい城を築城する。

それに対して家康が詰問する。

その返書として家康を激怒させたのが有名な「直江状」である。

直江状



そういう中で家康は景勝に上洛を求めるが景勝は拒否し会津征伐が行なわれる。

このとき石田三成が呼応して挙兵し関が原の合戦に至り

ご承知のとおり西軍:石田三成は破れ斬首。

景勝・兼続主従も敗者として窮地に立たされた。

そして景勝・兼続主従は上洛して家康に謝罪。

家康から罪を赦された景勝は出羽米沢30万石へ減移封となるものの上杉氏の存続は許された。



江戸時代にはいり、兼続は米沢30万石の経営に力をいれ、

表石高30万石を、実石高51万石といわれるまでに開墾・治水・新田開発に努めた。

上杉家の窮地を救ったのは景勝と兼続主従の間の信頼関係が最も大きいが、

才覚あるナンバー2:兼続に全幅の信頼で政治や経営を任せた景勝の度量の大きさも光っている。



残念なのは兼続の死後、兼続の息子の早世や

徳川重臣:本多氏との養子縁組解消などが原因で直江家は断絶してしまった。

「上杉家の減移封を招いた責任を感じ」

「直江家の知行を返上することで上杉家の財政を助けるため」に

意図的に断絶させたとする説もあるが真偽の程は不明である。



天地人 妻夫木&北村一輝
※2009年のNHK大河ドラマ「天地人」で人気俳優の妻夫木聡が直江兼続を、
クールな俳優:北村一輝が上杉景勝を演じ好評を博したのは記憶に新しい。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/322-da0adf24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。