小早川隆景、毛利家の重鎮から豊臣政権の重鎮へ - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 小早川隆景、毛利家の重鎮から豊臣政権の重鎮へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小早川隆景、毛利家の重鎮から豊臣政権の重鎮へ

小早川隆景毛利元就の三男である。

小早川 隆景


兄は毛利隆元吉川元春である。

三本の矢の逸話(三子教訓状)は、元就と3人の息子達の話である。

元服前に小早川家の養子となり、兄・吉川元春とともに元就亡き後の毛利家を支えた。

毛利隆元が早世し、その嫡男・毛利輝元が毛利家を継いだ後、輝元を支えた。



羽柴秀吉が中国地方に進出して勢いを増すなかで本能寺の変が起った。

そのとき秀吉と元春・隆景は備中高松城で対陣していたが、

備中高松城 水攻め


秀吉の陣中に明智光秀から毛利への使者が間違ってはいったため、

毛利方はそれを知らずに講和したと言われている。

秀吉は講和後機内に向かって中国大返しを断行する。

遅れて知った毛利方は追撃を主張したが、

信義に厚い隆景は、一旦講和したにもかかわらず秀吉を追撃するのは信義に反すると反対した。

時勢を見る目があった隆景は、秀吉に毛利の旗印も持たせたと言う説もある。

毛利の旗印


後に豊臣政権の重鎮として五大老となり重用された。

秀吉からは「日ノ本の国は西方は小早川隆景に東方は徳川家康に任せれば安泰」と評され、

また「この世に政治ができるのは直江(兼続)と小早川隆景である」と言わしめた。

軍事的にも政治的にもトップレベルの隆景は、豊臣政権の前半大いに活躍した。

跡継ぎが無かったため羽柴秀俊(後の小早川秀秋)を養子としたが、

もし関が原の合戦の際、隆景が生きていたら、秀秋の寝返りがあったかどうか?

その後の豊臣政権や徳川幕府に一番大きな影響を与えることになったと推測できる戦国武将と言えよう。

小早川隆景―毛利を支えた知謀の将 (PHP文庫)小早川隆景―毛利を支えた知謀の将 (PHP文庫)
(2000/08)
野村 敏雄

商品詳細を見る

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/325-5213c42e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。