嘉吉の乱、将軍:義教を暗殺した赤松氏のその後は? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 嘉吉の乱、将軍:義教を暗殺した赤松氏のその後は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘉吉の乱、将軍:義教を暗殺した赤松氏のその後は?

赤松氏については、以前ブログで紹介した、室町幕府の成立に貢献した赤松円心と、

赤松満祐

※嘉吉の乱を起こし6代将軍義教を討った赤松満祐
6代将軍:足利教義を暗殺(嘉吉の乱)した赤松満祐が有名である。

嘉吉の乱


また円心の三男:赤松則祐は第2代将軍:足利義詮管領細川頼之を補佐し

京が南朝方に一時占拠された際、幼い足利義満を播磨の居城に

避難・保護するなど幕府の基礎固めに貢献した。

それらの功績により播磨の守護に任じられ、

幕政には京極氏一色氏山名氏と並ぶ四職として参画している。



このように室町幕府のなかで重要な役割を果たした赤松氏も

将軍:義教を暗殺した嘉吉の乱後、幕府の細川・山名の軍勢により

赤松宗家は殆どの者が討ち果たされてしまう。

かろうじて生き残った満祐の弟・赤松義雅の系統が

旧臣の働き(長禄の変)で幕府の許しを得て念願叶い再興される。




宗家の血を守り大名として復活したのが、

赤松満祐の弟:赤松義雅の孫にあたる赤松政則である。

赤松 政則

※赤松政則

政則が加賀半国の守護となった後、応仁の乱が勃発するが、



その際は東軍の細川勝元につき、西軍の山名宗全から播磨・備前・美作を回復した。

応仁の乱の収束後も山名氏との抗争は続き、

失策により山名氏の侵攻を受け浦上則宗小寺則職ら重臣が実権を握り

赤松政則は堺へ逃避する。

宗家の政則は、その後領国支配を回復し9代将軍足利義尚、10代将軍足利義材にも仕え、

細川氏とも姻戚関係を結ぶなど生残りを図ったが、

後継が庶子であったため、娘と一族の七条氏から婿養子をとり後継とした。

それが赤松義村である。

その後の赤松氏はかつての重臣であった浦上氏との抗争や内紛によって衰退していき、

赤松則房の時代には羽柴秀吉の家臣となり1万石ほどの小大名に成り下がってしまう。



関ヶ原の戦いで赤松則英は西軍ついた為自害に追い込まれ、

その他一族も家康のために滅ぼされ、大名としての赤松氏は名実共に消滅する。

しかし一族の七条家の後裔が石野氏を名乗り徳川家の旗本として生き残っており、

江戸宝永年間に赤松姓に復し幕末に至っている。



尚、円心の孫にあたる有馬義祐有馬氏を名乗り摂津有馬氏の祖である。

有馬氏は赤松有馬氏とも呼ばれ大坂の陣でも徳川方につき

久留米藩21万石の大大名として明治を迎えた。

播磨の雄、赤松氏は嘉吉の乱の後滅亡したと思われがちだが、

室町~戦国・江戸時代を通じ、旧臣の助け(禁闕の変)も借りながら紆余曲折はあったが何とか生残った。



明治に入ってからは赤松則良氏が日本造船の父として男爵に叙され、貴族院議員を務めている。

感心するしぶとさだ。

見習わなければならない。

(担当:熊五郎)


※嘉吉の乱の後、赤松旧臣が御家を再興しようと努力する小説がある。

岩井三四二氏の「悪党の戦旗―嘉吉の乱始末」、

義教暗殺から長禄の変で南朝方から神璽を奪回し

幕府から許しを得て加賀半国の領主に服するまでの物語である。

なかなか面白いので是非読んでいただきたい。

悪党の戦旗―嘉吉の乱始末悪党の戦旗―嘉吉の乱始末
(2007/03)
岩井 三四二

商品詳細を見る

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/331-05ec8600

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。