将軍の異母弟に生れた江戸初期最高のナンバー2、保科正之 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 将軍の異母弟に生れた江戸初期最高のナンバー2、保科正之

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将軍の異母弟に生れた江戸初期最高のナンバー2、保科正之

徳川幕府は家康が創始者である。

2代・秀忠の時代に多くの大名を取り潰したり、改易してその基盤を強化した。

3代将軍・家光は生まれながらの将軍として多くの有能な家臣に支えられ安定期に導いた。

3代将軍・家光は今年のNHK大河ドラマの主人公、お督(江:崇源院)とその3番目の夫・秀忠の嫡男である。

秀忠&崇源院
※徳川秀忠と妻・お督(江:崇源院)

江と秀忠の間にはもう一人男子がいるが、家光と争って敗れている(徳川忠長)。

同腹の兄弟が争った家督相続争いは武家社会ではよく見られるものである。

徳川家光&忠長
※3代将軍・徳川家光と弟・徳川忠長

2代将軍・秀忠は、年上の妻で織田信長の姪のお督(江)に頭が上がらず、

当時の惣領ともなれば多くの側室を持つのが当たり前であったが、

側室を持たなかったという。

そんな中で一度だけ江戸城の女中だった静(しず:後の浄光院)に手をつけたところ、

後の保科正之が生まれてしまう。

保科正之
※保科正之の肖像

出産は武田信玄の次女である見性院穴山信君正室)に預けられ、

そこで生まれ見性院に養育された。

見性院の縁で旧武田家家臣の信濃高遠藩主・保科正光が預かり、

高遠城
※天下一の桜「高遠の桜」で有名な高遠藩:高遠城

正光の子として養育され、そのまま秀忠は一度も会うことも無く保科家(後の会津松平家)に養子に出してしまっている。

秀忠が保科正之に会ったのは、お督(江)が死んだあとだった。



秀忠の死後、3代将軍となった家光は、謹厳実直な異母弟をかわいがり会津藩の大名に取り立てた。

幕末まで続く会津藩の始祖はこの保科正之で、

幕末幕府を守って活躍した会津松平氏はこの正之の子孫である。



家光の死後その遺命により、甥の第4代将軍・家の補佐役として

幕閣の重きをなし文治政治を推し進めてゆく。

藩政にも力を注ぎ産業の育成と振興に勤めた。

彼の始めた90歳以上の老人には身分を問わず、

終生一人扶持(1日あたり玄米5合)を支給するという制度は、

日本の年金制度の始まりとされている。



そして水戸藩主・徳川光圀、岡山藩主・池田光政と並び江戸初期の三名君と称されている。

水戸光圀&池田光政
※水戸黄門で有名な徳川光圀と池田輝政の子孫:池田光政

その生い立ちにおける不運を恨むことなく兄や甥の役に立つことで

ナンバー2としての評価が高い大名の一人である。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/332-e85207bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。