黒田官兵衛、秀吉に天下をもたらした軍師 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 黒田官兵衛、秀吉に天下をもたらした軍師

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田官兵衛、秀吉に天下をもたらした軍師

黒田官兵衛孝高(よしたか)、豊臣秀吉の軍師である。

黒田官兵衛
※黒田官兵衛孝高(如水)像

竹中半兵衛重治の後継者として秀吉に天下をもたらした俊才である。

黒田官兵衛はもともと小寺官兵衛といい、

「ドン・シメオン」という洗礼名を持つキリシタン大名でもある。




黒田家は元々近江の武士で赤松氏に従い備前に移った後、

官兵衛の祖父・黒田重隆の代にその息子・黒田職隆と共に播磨に移り

播磨の国人で赤松氏の重臣だった小寺政職の家臣となった。

小寺政職は養女を黒田職隆に嫁がせ小寺姓を名乗らせたので、

官兵衛は小寺官兵衛と名乗っていた。



このころ小寺氏など播磨の大名たちは、

畿内で勢力を拡大する織田信長と

山陰・山陽に勢力ある毛利氏の二大勢力に挟まれていた。

長篠の戦い武田勝頼を破った信長を高く評価していた官兵衛は、

いち早く主君・小寺政職に織田家への臣従を勧め、

赤松広秀(斎村政広)別所長治らを誘い羽柴秀吉の取次により織田方につくことになった。

以後、羽柴秀吉に従って織田方の中国攻略に力を発揮する。



途中、荒木村重の謀反の際には摂津の有岡城に幽閉されるアクシデントもあったが、

無事開放されてからは秀吉の軍師として天下統一まで力を発揮した。

秀吉が、自分以外で天下を纏められるものは、

黒田官兵衛か小早川隆景と言ったという。



余りの俊才に過ぎて、秀吉から警戒されていることを悟った官兵衛は

領国の豊前・中津藩に戻って隠居し、

嫡子の黒田長政に家督を譲り、

出家し黒田如水と名を改め水面下に潜んでゆく。

黒田長政
※黒田長政像

秀吉が亡くなったのちの関が原の合戦の際は、

徳川家康と石田三成の争いに乗じて、

九州を席巻しようと動く。

しかしあっけなく西軍が敗れ去り夢破れてしまう。



天下を望める器量がありながら

警戒され遠避けられたというのは

出すぎた杭が打たれたものと言っていいだろう。



しかし関が原の合戦での、官兵衛・長政父子の軍功が認められ、

福岡藩52万石を領することになり明治維新後は侯爵に列せられている。

天下は取れなかったが戦国時代を生き延び名を残し

黒田節で有名となった黒田一族は幸運だと言えよう。


※黒田如水の名言
 黒田官兵衛は、非常に倹約家で無駄な出費を嫌った。
 家臣に「庭には梅の木を植えよ。梅干が出来るので食うには困らぬ。」と命じている。
 倹約した財は貧しいものに恵み、窮する者を助けるために惜しみなく使ったという。
 「金銀を用いるべき事に用いなければ、石瓦と同じである。」というのが如水の名言と言えよう。
 蓄財のための蓄財では、本末転倒だと言いたかったのだろう。
 また無益な出費を戒める意味も含まれていたのだろう。

※黒田如水を主人公にした小説もある。

黒田如水 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)黒田如水 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)
(1998/12)
童門 冬二

商品詳細を見る


※初代 福岡藩主 黒田如水の嫡男 黒田長政を主人公にした小説を紹介する。

黒田長政―関ヶ原で家康に勝利をもたらした勇将 (PHP文庫 こ 40-8 大きな字)黒田長政―関ヶ原で家康に勝利をもたらした勇将 (PHP文庫 こ 40-8 大きな字)
(2008/06/02)
近衛 龍春

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

No title

「金銀を用いるべき事に用いなければ、石瓦と同じである。」

素晴らしい言葉ですね^^

「黒田如水」読んでみたいと思います^^

2011-09-05 13:47 │ from 山本貴則URL

Re: No title

コメントをいただき、ありがとうございました。
普段は倹約を旨とするが、ここぞと言う重大なときに
思い切ることができる人になりたいと思っています。

現代の政治家も見習ってほしいものですね。
by熊五郎



> 「金銀を用いるべき事に用いなければ、石瓦と同じである。」
>
> 素晴らしい言葉ですね^^
>
> 「黒田如水」読んでみたいと思います^^

2011-09-05 16:04 │ from やる気倶楽部URL

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/333-5641fb87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。