なでしこジャパン サッカーW杯優勝 強いものが勝つのか? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » なでしこジャパン サッカーW杯優勝 強いものが勝つのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこジャパン サッカーW杯優勝 強いものが勝つのか?

サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)のサッカー、FIFA女子ワールドカップ優勝は、

震災で沈んだ日本に力を与えてくれた。

18日(月・祝)海の日は寝不足の人が多かったと推測する。

日本のスポーツ界はマラソンやレスリングなど女性陣が強力で頼もしい。



大和撫子という言葉があるが、撫子の花は美しいがなんとなくひ弱な感じのする花だ。
撫子

万葉集の歌にも詠まれている。

季語としては秋のものである。

『枕草子』では、「草の花はなでしこ、唐のはさらなり やまともめでたし」とあり、

当時の貴族にも愛された花であったと思われる。



大和撫子という言葉の意味は、日本人女性への賛辞である。

特に古来美徳とされた、清楚で凛とし、慎ましやかで、一歩引いて男性を立て、

男性に尽くす甲斐甲斐しい女性像を指すものである。

また異名を常夏(トコナツ)といい、『源氏物語』の巻名のひとつにもなっている。

真夏の日本に咲いた撫子の花は、古来の意味とは違い、逞しかった。

優勝


アメリカのチームは強かったが、強いものが勝つとは限らないのが世の常である。

やはり勝った日本が強かったのだろう!

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/337-85236971

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。