幽霊の 正体見たり 枯れ尾花 幻の高性能戦闘機、ミグ25 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 幽霊の 正体見たり 枯れ尾花 幻の高性能戦闘機、ミグ25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊の 正体見たり 枯れ尾花 幻の高性能戦闘機、ミグ25

1976年9月6日午後1時ごろ、

函館空港にソ連の最新型戦闘機「ミグ25」が飛来した。

ミグ25-2


航空自衛隊各基地のレーダーは

函館の北西300キロの日本海上空6300メートルを

時速810キロの猛スピードで北海道に向かっている戦闘機をとらえていたという。

ウラジオストク方面から飛来したソ連の戦闘機であることは明白だった。

航空自衛隊千歳基地からファントム戦闘機2機がスクランブル発進した。

しかし、各レーダーは機影を見失ってしまう。

ファントム戦闘機



最初にレーダーが機影を発見してから30分以上たってから、

突然、函館空港上空をソ連の戦闘機が飛来したという連絡が

航空自衛隊千歳基地に入ったという。

航空自衛隊のファントム戦闘機は急ぎ函館方面に向かったが、

ソ連の戦闘機は既に強行着陸したあとだった。

低空飛行で領空を侵犯したソ連の戦闘機に対して自衛隊はなすすべもなかった。

この領空侵犯と強行着陸は、

ソ連空軍のビクトル・イワノビッチ・ベレンコ中尉

アメリカ亡命を希望しての行動だった。

亡命の理由は、自由のない生活、低い給料、

シベリア基地勤務への不満や妻との不仲などだった。

東西冷戦の中、一人の将校の不満から出た行動が東西世界を震撼させた。



彼が乗ってきた戦闘機は、ソ連が誇る最新鋭機「ミグ25」。

その性能はベールに包まれており西側、

特にアメリカにとっては喉から手が出るほど欲しい代物である。

機体の返還と軍事機密の保持を求めるソ連と、

機体の調査を進めたいアメリカとの間に挟まれて

日本の外交は難しい局面を迎えることになってしまった。



領空侵犯の上、強行は不法着陸をした飛行機の軍事的な調査は、

当時、世界の常識だったため、

幻の高性能戦闘機ミグ25は日米共同で解体調査されソ連に返還された。


調査の結果、素晴らしいエンジンを持っていることが判明したが、

一方でレーダーに真空管を使っていたり、

鉄製の機体など時代遅れのハイテクとは言えない、

全くのローテク戦闘機であることが判明し

西側がホッと安心したという。

冷戦の結末がわかる出来事であった。



幽霊の 正体見たり 枯れ尾花とはこのことか?

北朝鮮の核開発も、北朝鮮の経済力を鑑みるに、

実はこれと同じかもしれない。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/347-b2fcfd69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。