逆らい続け、妥協のうえ最後に大失敗。戦国大名:日根野弘就の一生 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 逆らい続け、妥協のうえ最後に大失敗。戦国大名:日根野弘就の一生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆らい続け、妥協のうえ最後に大失敗。戦国大名:日根野弘就の一生

日根野弘就(ひねの ひろなり)、戦国時代、美濃国、斉藤道三の家臣で、

その嫡男:斉藤義龍に重用され頭角をあらわした武将である。

日根野弘就


和泉国を発祥とし父の代に美濃に移ってきたらしい。

大阪のJR阪和線に「日根野」という駅がある。

このあたりが発祥の地かもしれない。



織田信長が度々美濃を攻めてきたが、弘就は奮戦し撃退していた。

義龍が亡くなり凡庸な斉藤龍興が後を継ぐと、

信長方の凋略により重臣の西美濃三人衆安藤守就稲葉一鉄氏家卜全)が

寝返るなど圧迫されてきた。



織田方の攻撃に稲葉山城もついに陥落し、斎藤氏は滅亡する。
稲葉山城

その後、織田に仕えるのを嫌い、日根野一族は関東方面に移り、

今川氏真のもとで働いた記録がある。

その後は長島の一向一揆に加わって戦っているが、

ついに織田に降って織田家の家臣となっている。



本能寺の変で信長が討たれたあと、明智につくか羽柴につくかで迷ったようだが、

結局、羽柴方について生き延び、美濃国に領地を得ている。

小牧・長久手の戦い四国平定でも豊臣秀次の旗下で活躍している。

関が原の戦いでは、東軍、西軍のどちらにつくか明確にしなかったせいか、

戦後、減封されている。


その後、1602年に弘就は亡くなり、その遺領は召し上げられている。

日根野一族は、弘就の孫:日根野吉明が信濃国諏訪藩主であったが、

関ヶ原で東軍についたにも関わらず、下野国壬生藩へと転封されてしまった。

その後、徳川方について大阪の陣島原の乱で活躍したが、

跡継ぎ問題がややこしく、末期養子を願ったが認められず、

吉明の死後、お家は断絶した。

大名としての日根野氏は滅亡したが、旗本として存続したという。



戦国乱世を生き抜くにあたり、当初、信長という強者に逆らい続け、

結局、長いものに巻かれるはめに陥るが、うまく生きながらえた。

しかし一番肝心の関が原で去就をあやまったことは致命的だ。

せっかく戦国の世を渡ってきたのに惜しい話。

詰めが甘かったとしか言いようがない。



若い時は自らを主張し輝き、中年になると妥協、晩年に大失敗をする。

現代でもよくあることだ。

因みに、この日根野弘就を主人公にした面白い小説があるので紹介しておく。

逆ろうて候 (講談社文庫)逆ろうて候 (講談社文庫)
(2007/08/11)
岩井 三四二

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/352-4f2ff381

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。