世界で誰も見たことがない対決ショーほこ×たて これを矛盾(むじゅん)と言えるか? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 世界で誰も見たことがない対決ショーほこ×たて これを矛盾(むじゅん)と言えるか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で誰も見たことがない対決ショーほこ×たて これを矛盾(むじゅん)と言えるか?

フジテレビの人気番組に、「世界で誰も見たことがない対決ショーほこ×たて」というものがある。

ほこ×たて


番組では、絶対穴の開かない金属と何にでも穴をあけるドリルの対決や、

何でも溶かすバーナーと絶対溶けない物体の対決など、

「絶対に○▲できるもの」vs『絶対に○▲できないもの』の対決で勝負を決めるバラエティ番組である。



中国のことわざに因んだ「ほこ×たて」(番組の通称)。

矛盾」という故事成語は『韓非子』の「難」に基づく。

「どんな盾も突き抜く矛」と「どんな矛も防ぐ盾」を売っていた楚の男が、

ある客に「その矛でその盾を突いたらどうなる」と問われたとき

答えられなかったという話である。

盾と矛


もし矛が盾を突き通すならば、「どんな矛も防ぐ盾」というのは間違い。

もし突き通せなければ「どんな盾も突きとおす矛」は間違いである。

従ってどちらを肯定しても男の説明は辻褄が合わない。

マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社プラスアルファ文庫)マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社プラスアルファ文庫)
(1995/06/15)
蔡 志忠

商品詳細を見る

※『韓非子』入門には面白い本である

番組の「ほこ×たて」は、辻褄あわせとは関係なく、

その製作者が名誉をかけて対決するところに面白さと緊迫感がある。

どちらが勝っても故事成語の「矛盾」とは言えない現実が対戦者に突きつけられる。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/353-5cd05440

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。