頑張れ!オリンパス OLIMPUSの内視鏡は最高だ! - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 頑張れ!オリンパス OLIMPUSの内視鏡は最高だ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ!オリンパス OLIMPUSの内視鏡は最高だ!

健康診断でバリウムを飲む胃の透視ではなかなか上手く排泄せず苦しんできた。

胃の透視


下手に下剤を飲むと電車の中や会議の最中にもよおして苦しい思いをする。

白いものが出てくるとホッとしたものだ。

10年前、胃の透視でひっかかり胃カメラを飲むはめとなった。

初めての経験なので怯えて病院に行った記憶がある。

内視鏡



胃を動きにくくするという注射を肩に打たれ、

口にはドロッとした麻酔剤を含まされ、

漏斗のような金物を銜えさせられ

内視鏡の前のベッドに横にさせられた。

胃カメラ様子


先生に、「横のモニターに映るので見ておいてください」といわれ、目を横にした。

モニターには銜えた金物間から口の中が映っていた。

内視鏡の先端から見える映像だ。

口から中へ入っていく様子が映っていた。

あっという間に食道へ入っていった。

内部写真


人から聞いた話では、食道に入るまでが苦しく

ゲェゲェいうということだったが、

全く何の抵抗も無く内視鏡が入っていった。

内視鏡がドンドン奥のほうへ入っていくのが見え、

胃の中に入り、そのまま十二指腸に入った。

内視鏡は良く出来たもので、十二指腸に入ったとき

振返るように胃の出口を映し出す。

十二指腸を少し透視したあと、スルスルと引き返していく。

あっという間に口から内視鏡が出た。



殆ど違和感なく終わり、先生からは「きれいなものです。異常なし」といわれホッとしたものだ。

バリウムを飲んで、苦しんで排泄し、結果を待つことを考えると、よっぽど楽だ。

先日、定期検査で胃カメラを飲むとき、鼻から入れる内視鏡で行なった。

10年前に飲んだ胃カメラと比較すると、明らかに細くなり、

先端がクネクネと見事な動きをしている。

内視鏡進化
※右側が鼻用 5ミリくらいだ

鼻から喉に入るとき、ウッとなるが、その後は殆ど違和感がない。

あっという間に終わり「異常なし」の診断。

鼻から内視鏡



医療機器の進歩は凄い。

今話題のオリンパス製の内視鏡だ。

トップは愚かな過ちを犯したが、

オリンパス社で働く従業員・技術者の方々には

益々頑張って、楽に検査のできる内視鏡の開発を続けてもらいたい。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/356-18148118

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。