2代目と言われた戦国大名の苦労 毛利輝元、上杉景勝、宇喜田秀家 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 2代目と言われた戦国大名の苦労 毛利輝元、上杉景勝、宇喜田秀家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2代目と言われた戦国大名の苦労 毛利輝元、上杉景勝、宇喜田秀家

現代でも戦国時代でも変わらず、

初代が立派だとあとを継いだ2代目は苦労が多い。

あとを継いでそこから成功すれば評価は上がるが、

しょせん初代の陰に隠れることが多い。

ましてや2代目で失敗すると「凡庸・不出来な」後継者として末代まで恥をさらす。

普通にしていても、何か凡庸なイメージが出来上がってしまい気の毒である。



上杉謙信の2代目、上杉景勝は、謙信の死後、御館の乱を制して後継者の地位を得た。

上杉謙信&景勝
※初代:謙信と2代目景勝

その後、織田信長の家臣、柴田勝家や滝川一益、森長可らの猛攻を受けたが、

本能寺の変で九死に一生を得て、

その後、秀吉について五大老のひとりとなり、

謙信の所領60万石を上回る120万石を得て大大名のひとりとなった。



毛利輝元は初代、毛利元就の死後、何事につけても叔父の吉川元春小早川隆景

毛利元就&輝元
初代:元就と2代目:輝元

いわゆる「毛利両川」にお伺いをたてる凡庸な君主のイメージが強い。

景勝同様、信長の家臣、秀吉に攻め込まれ、同じく本能寺の変で九死に一生を得た。

その後は秀吉方につくことで所領を安堵されて、かれも五大老のひとりとなった。



一方、宇喜田秀家は、謀将、宇喜田直家の2代目として跡を継いだが、

宇喜多直家&秀家
※初代:直家と2代目:秀家

そのときはまだ幼く、秀吉の養子となることで50万石を超える所領を守り、

青年となって豊臣一門として五大老になった。



景勝も輝元も秀家も豊臣秀吉の成長戦略にうまく乗って大大名となり、

また高い官位を得て、中納言など公家としての地位も得た。

しかし秀吉の死とともに暗雲が彼らの上に垂れ込める。

次の頂点を狙う徳川家康との争いに巻き込まれ、

3人とも揃って関が原の合戦の敗者となってしまう。

天国から地獄とはこのことだろう。



景勝と輝元は所領の石高を大きく減らされて、なんとか生き延びた。

秀家は薩摩に逃げていたが徳川の世がかたまると、

出頭して八丈島に流されて一生を終える。

約50年間の流罪生活で80歳を超える天寿をまっとうした。



景勝は跡継ぎが生まれず苦労したが、なんとか後継者ができ、

直江兼続という重臣の助けも借りて米沢藩30万石を江戸末期まで守りぬいた。



輝元も凡庸なイメージがあるが、隠居してからは内政に力を注ぎ

新田開発や殖産興業で成功し、

30万石程度に減らされた所領の実質石高を50万石以上に立て直している。

景勝も輝元も偉大な初代の陰にかくれているが、

関が原以降の頑張りは、その前半よりも評価すべきではないだろうか?
秀家もその長寿により戦国末期から江戸初期を通じて生き続けたことは

一定評価できるのではないだろうか?



丁度、堺屋太一氏が「三人の二代目」という著書で、
堺屋太一

彼ら3人についての小説を書かれているので、

是非一度読んでいただければ、彼らの心理がよくわかって面白い。

三人の二代目 上三人の二代目 上
(2011/05/13)
堺屋 太一

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/358-e625f700

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。