人間で言うと50歳 明けて13歳の地方競馬のヒーロー:モナクカバキチ - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 人間で言うと50歳 明けて13歳の地方競馬のヒーロー:モナクカバキチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間で言うと50歳 明けて13歳の地方競馬のヒーロー:モナクカバキチ

明けましておめでとうございます。

正月早々、趣味の競馬の話でブログの年頭を飾ってみたい。

JRA.jpg


競馬と言えば、JRA,日本中央競馬会が運営する中央競馬をイメージする人が多いと思う。

正月には「金杯」という競馬ファンなら殆どすべての人が楽しみにして、

1年の競馬を占うレースとしている人も多いことだろう。




そういった中央競馬全盛のなかにあって地方自治体が主催する地方競馬も根強い人気がある。

広島県に人気の福山競馬場という地方競馬場がある。

合成福山競馬場


その福山競馬場所属の馬齢13歳の競走馬が今、熱い。

競走馬で13歳というと、人間で言えば50歳超のおじさんである。

このおじさん牡馬の名前は、モナクカバキチという。

モナクカバキチ③
※モナクカバキチ

中央競馬で走っているサラブレッドとは異なる丈夫なアングロアラブという種類の馬である。

アングロアラブ種
※アラブ種


2011年7月25日の福山競馬の3Rで若者をぶっちぎって現在通算54勝。

12歳にして軽種馬最多勝タイ記録となっている。

ちなみにそれまでの最多勝記録はエスケープハッチという馬で、これに並んだのである。

余りに強くてアラブ種ではなくサラブレッドではないかと疑われるくらいだ。



アラブ種より脚の速いサラブレッドは、もとを辿れば3頭の馬を祖先とする。

ゴドルフィンアラビアンダーレーアラビアンバイアリータークである。

サラブレッド
※左からゴドルフィンアラビアンダーレーアラビアンバイアリーターク



中央競馬や多くの地方競馬では、かつてはアングロアラブ種の競走馬が活躍してたが

今は少なくなっている。

かつてアングロアラブ種の競走馬での競馬が盛んなころは、

テンプラ(馬)といって、脚の速いサラブレッドとアングロアラブ種の混血の馬が

アラブ種限定の競走に使われていた。

アラブの血量が25%未満のサラブレッド系種の競走馬は、

アラブ種となかなか見分けがつかず、

偽ってアラブ種として申請登録し大手を振って、アラブ限定競争に出走し勝ちまくっていた。



1980年以降はDNA検査が導入されるようになり、

こういうテンプラ馬が活躍することは殆どなくなった。

モナクカバキチは正真正銘のアラブ種で、

丈夫で頑張っており新記録更新も見えてきている。

地方競馬という環境や諸条件の悪いなかで頑張り続ける

モナクカバキチには共感を覚え応援したくなる。



2012年空けて13歳となったモナクカバキチ、

無事これ名馬というが、今年も無事に走り続けて、

是非新記録を更新しヒーローになって欲しいものだ。

モナクカバキチ
※モナクカバキチの勇姿

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/365-47d11c6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。