人間の知性・知能(脳)は遺伝と環境によって決まる!? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 人間の知性・知能(脳)は遺伝と環境によって決まる!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の知性・知能(脳)は遺伝と環境によって決まる!?

幼児教育における知能(脳)教育は重要だ。

幼児期における脳内の変化はすさまじい。

この時期に劇的な発達を促すものが遺伝もあるが、環境といえる。

遺伝的な才能や潜在能力は当然、幼児のときから開花してくる。

しかし普通の子供であっても幼児期の養育者によって与えられる教育環境によって

知能(脳)は大きく発達するそうだ。



幼児期においてニューロンの大量消滅とシナプスの急激な形成~消滅という現象があるそうだ。

この時期に合わせて幼児教育プログラムを実施する環境を与えることが、

シナプス結合を強めていくための知育である。


シナプス結合は5~6歳までの時に顕著である。

ニューロン&シナプス




最低限生きていくために必要な視覚・嗅覚・運動神経などにかかわる知能(脳)、

つまりしっかり生きていくために必要な能力は

現代では知能(脳)とは認められていないのかもしれない。

現代においては最低限生きていくために必要な知能(脳)は知性であり、

高いIQであり、EQなのだろう。


より高度な知能(脳)・知性が求められており、

それを大きく育てるのが幼児教育であろう。

この時期、幼児は自分では能力を開花させるための環境を得ることはしにくい。

養育者、つまり親しか「重要な環境」を提供できないのだ。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/371-9e817cdc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。