剣豪がぞくぞく登場 戦国末期の上泉伊勢守信綱 剣道の祖 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 剣豪がぞくぞく登場 戦国末期の上泉伊勢守信綱 剣道の祖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣豪がぞくぞく登場 戦国末期の上泉伊勢守信綱 剣道の祖

戦国時代から江戸時代初期には、以前紹介した鹿島新当流塚原卜伝をはじめ

宮本武蔵佐々木小次郎など剣豪といわれる人たちが続々と登場してきた。

柳生宗厳(石舟斎)が開いた柳生新陰流は徳川将軍家の剣として発展した。

上泉信綱
※上泉伊勢守信綱

新陰流というと柳生が発祥と思われがちだが、実はそうではない。

上泉伊勢守信綱が拓き、柳生石舟斎がそれを発展させた。

柳生新陰流とは別に疋田新陰流という一派が、

上泉信綱の甥とも伝えられる疋田豊五郎景兼(栖雲斎)によって拓かれている。



門弟には柳生新陰流・柳生宗厳(石舟斎)、疋田新陰流・疋田豊五郎景兼、

タイ捨流丸目蔵人佐長恵(まるめくらんどのすけながよし)、

宝蔵院流槍術・宝蔵院胤栄(ほうぞういんいんえい)など層々たるメンバーがいる。

戦国という時代が彼らの出現を推し進めたのかもしれない。

上泉信綱の門弟
※左から、柳生宗厳(石舟斎)・疋田豊五郎景兼・丸目蔵人佐長恵・宝蔵院胤栄


上泉信綱は、彼らのような一つの流派を立ち上げるほどの剣豪を育てたが、

現代に通じる剣道にとって大きな貢献をしている。

それまで道場では木刀を使い、

怪我をして二度と剣をもてなくなるような者も続出していたが、

竹刀(しない)を考案し剣道の発展に貢献したと言われている。



打ち込み稽古のために袋竹刀が考案され、
袋竹刀(構造)


江戸時代になって割竹刀(わりじない)が考案された。
割竹刀


竹刀が普及し直接打ち合える試合が可能になり、

木刀による形稽古に代わり

打ち合い・試合稽古が主流になって現代の剣道が花開いたといえよう。

上泉伊勢守信綱は剣豪として新陰流を拓いただけでなく、

現代の剣道の祖というべきかもしれない。

※上泉伊勢守信綱を主人公とした小説があるので紹介しておく。
剣の天地 (新潮文庫 い 16-5)剣の天地 (新潮文庫 い 16-5)
(1979/08)
池波 正太郎

商品詳細を見る



(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/373-13a53cbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。