斉藤道三こと長井新九郎規秀は親子二代で国盗り - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 斉藤道三こと長井新九郎規秀は親子二代で国盗り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斉藤道三こと長井新九郎規秀は親子二代で国盗り

斉藤道三は、北条早雲とならび下克上の代表のように言われている。

斉藤道三


僧侶から油商人を経てついに戦国大名にまで成り上がった人物だとされている。

油屋を商い美濃国にきて美濃一国を簒奪し「美濃の蝮」の異名をもつ。

司馬遼太郎『国盗り物語』など小説の題材として多く取り上げられている。



名も僧侶時代の法蓮房、油商人(山崎屋)時代の松波庄九郎(庄五郎)、

美濃国主、土岐氏の重臣:斎藤氏長井氏の家臣となったころの西村勘九郎政利、

重臣に取り入って長井新九郎規秀長井新九郎秀龍と名乗り、

その後、長井利政を経て斉藤利政・秀龍を名乗っている。

そして出家して斉藤道三と名乗るのである。



いままで、道三が美濃国を簒奪するとき、

妙覚寺の僧侶が野望を持って寺を飛び出し、

松浪庄九郎として油を売り歩き美濃国に来て、

守護土岐氏の重臣(守護代)斎藤氏に仕えていた長井氏に見込まれて

美濃簒奪のスタートを切ったとされている。

国盗り物語 前編 斎藤道三国盗り物語 前編 斎藤道三
(1991/12)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


国盗り物語 後編 織田信長国盗り物語 後編 織田信長
(1991/12)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


NHK大河ドラマもこのストーリーだった



しかし『岐阜県史』編纂の過程で発見された近江守護六角義賢(承禎)

家臣である平井氏・蒲生氏らに宛てた『六角承禎書写』によると、

斉藤道三が一人で簒奪したものではないことが分かってきた。

道三の父、長井新左衛門尉が、妙覚寺の僧侶で、西村姓を名乗って

美濃に来て長井弥二郎に仕えて頭角をあらわし、

長井姓を名乗るようになったという。

その長井新左衛門尉の子が、長井新九郎規秀、

つまり後の斉藤道三ということである。


親子二代にわたって美濃国を簒奪したのである。

ふたり道三〈上〉 (新潮文庫)ふたり道三〈上〉 (新潮文庫)
(2005/09)
宮本 昌孝

商品詳細を見る


斉藤道三のその後は、織田信長を主人公にしたドラマでもよく取り上げられ有名である。

息子の義龍に打たれ、義龍の子、龍興は信長に破れ

越前、朝倉義景を頼って生き延びたが

信長の越前朝倉攻めのとき一乗谷で討ち死に、

美濃斎藤氏は滅んだ。



しかしその子孫は道三の末子、斎藤利治(長龍)が信長に仕え本能寺の変で討ち死に。

その子、斉藤新五郎義興織田秀信(三法師)に仕え

その後池田輝政に仕え子孫は岡山藩士として続いたという。

てっきり道三の家系は耐えたものと思っていたが、

現在もその子孫は生き続けて活躍しているとのこと。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/377-12946323

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。