賢い子を育てる!ドーパミンを溢れさせる子育て - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 賢い子を育てる!ドーパミンを溢れさせる子育て

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢い子を育てる!ドーパミンを溢れさせる子育て

前頭連合野は、思考・学習・決断・創造力・意欲・人格という

人間ならではの高度な機能をつかさどっている。

EQといわれる社会的知性・感情的知性そして

知性の中で最も高度な自我がここから生まれてくるという。



その前頭連合野を発達させる重要な脳内物質が「ドーパミン」である。

ドーパミンは前頭連合野という知性をつかさどる領域に

ゆっくりと長期的に影響を与え、脳の活動を高めていくのである。

ドーパミンは、大人になってからでも分泌されるが、

幼児期の分泌は大人の比ではない。

大人の脳において分泌されたドーパミンは、

快楽や快感という部分に強く影響し、

「やる気」に繋がるといわれている。

「やる気ホルモン」といわれる所以だ。

ドーパミン画像


子供の場合は、このドーパミンが溢れるように分泌され、

前頭連合野という知性をつかさどる領域に影響を与え、

高い知性をもつ脳に発達させる。




子供のドーパミンをより多く分泌させ

高い知性の脳をもつ「かしこい子供」に育てる一つの方法が、

成功体験を与えたり、褒めてやる気にさせることがある。

達成感を持たせる工夫や興味や好奇心を持つ気持ちを高める工夫をして

育てることでドーパミンを溢れさせてあげよう。


(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/383-32a49e20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。